SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/08
シン・ゴジラ見ました(すでに二回目)
お久しぶりです~!
すっかりばたばたしておりまして、
Twitterにハマったり飽きたり、オタク的二次活動にいそしんだり泣いたり笑ったり、相変わらずめまぐるしく生きておりました^^

みなさまもお元気でしょうかっっ


ロードレースにハマったり、
ハイキュー!!でスポ根漫画に復帰したりしてるあいだに世の中毎日毎日お暑い限りで;;;;


涼しい映画館でおもしろい映画でも…と
ちまたで評判のシンゴジラ見てきました。


あ、コレ。好きなヤツや…(笑)




たぶん庵野監督は同年代さんでしょうか?

ゴジラは言うに及ばずとして。

どうやら監督がハマって影響うけて、ゴジラの中でノリノリにオマージュ捧げておられる映画作品、かなり知っております(笑)

アニメの方ですから、映像美はいうに及ばず、カット割りの斬新さとムダのない、それでいて容赦のない「徹 底 的」さ。(パニック映画、怪獣映画の美学として「ため、ミエ」となる攻撃シーンは描いても、そのあと押しつぶされたりぶっ壊されたりする建物の中の人間のリアルな潰れようまでは描かないのがお約束ですよね)

いや~、あのビームのえげつなさといい。

いくつかの場面で効果的でしたが、ゴジラのまとう「青きプロメテウスの火」は蓋の開いた原子炉の輝きそのままで、美しく悲しく絶望的な恐ろしさに充ち満ちておりました…。ああ、触れ得ぬモノに触れてしまった人類はずっとこの火とその災厄とつきあっていかねばならぬのですなぁ…と。くぅ~


ゴジラみたいになんとかならんものかな。。

ヤマトのコスモクリーナー誰か発明してください…


そのほかは、BGMの使い方が上手い~とか、踊る大捜査線でもオマージュされてた「日本の一番長い夏」の岡本喜八監督がカメオ出演されていたり、(踊るにもつかわれてたBGMがゴジラにも踏襲されてますv)

細かい地名表記がじわじわと日常にひそむ恐怖をいや増す仕掛けとか

俳優さん、SPと真田丸関係多いな!とか

たいがい無能に描かれることがステレオタイプ化している日本政府において、少数の若手政治家(主人公の山口、赤坂および泉は
与党の議員として内閣の総理補佐ポストに参与)に骨のある人物を配しているあたりもリアリティあります。

ヒーローのいないリアルな怪獣映画で、困難に直面し事態を打開するのは個々人の努力しかない。

「あなたなら、なにができますか?」という、ある意味シンプルな問いかけ。

声高ではないけれど、しっかりした前向きなメッセージが伝わります。

これは将来の人材確保に寄与するんじゃないかなぁ?


後半はお好きなオタクにはたまらん萌えてんこもりだとか、クライマックスの指揮所の背景がすんごい見覚えあるな~と思ったら、
「太陽を盗んだ男」のクライマックスの場所そのままでございました…。

徹底してるな~~~(笑)


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。