FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
08 * 2018/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/26
平清盛を見ています(笑)
これもトピたてよかな~と思ううちに
一番好きな部分が終わりそうなので(笑)


お久しぶりです。春日です。元気です♪



そんなこんなで現在、国営大河で、ひさびさの
三上博史祭りを堪能しておりますよ~~~(爆)


いやあ、こゆいこゆい(笑)

画面の黄色みがかったデジタル補正が、
スペック自慢たらしくて
いささかうっとうしいですね☆
前の「龍馬伝」もどうにもそれが
我慢できなかったクチですが、
なんかちょっと見慣れてきましたよ。。。

まあ、脚本のダメさ加減というか、サルベージしたいらしい
女子高生~女子大生というご新規層とりこみを意図すれば、
こういうヘンテコリンなもんにならざるを得ないのかなぁ…とは、
前回の「江」で学習済みなので(>_<)。

衣装とか、用語とか、時代風俗の考証にやたらウルサイわりに、
肝心の人物像とか、内面があーた、当時の価値観どころか、
現代人ですからなぁ……そらもう、無理ありまくり……

おそろしく本格派っていうか、ちっとばかり演技派で知られた
ところは根こそぎかきあつめての、大コスプレ大会☆☆☆


おおおー、豪華じゃ~~~。


しかし。ワタクシの胸ときめかせたのは、
やっぱりこのお方でございました。

三上博史。

ううん、鵬腋の袍(主上のお衣装)をお召しで、青年帝であらっしゃった頃、かくも清雅で色っぽく、美々しい実写の映像美を体現できた役者さんを他に存じ上げません。。。リアル「あさきゆめみし」じゃー(T_T)。。美形じゃー!!! 久々の目の保養でした。もっぺん再放送してくれ。保存版にするから。

その後の、舞台荒しならぬ、主人公食いっぷりは、男・北島マヤの名に恥じぬ鬼気迫る大熱演ぶりに……。あああ、この人脇役にするのは難しいよ。憑依系だから。周囲の呼吸に合わせるとか、加減とかないから(>_<)。振り切れまくり……

画面の映像美+妖気+鬼気+演技力で、周辺の役者さんを置いてけぼりすぎる(大笑)

かろうじてというか、さすがの本格派「ARATA」氏演じる崇徳帝のみが、妖しくも退廃的で鬱屈した悲劇の人物を、陰影深く描いておられます。脇息によりかかる背中と、仕草だけで画面の間が持つって、、、。うう、絵物語。。

つーか、もうね。この男二人の存在感がスゴすぎて……(笑)

あ、あと龍平ちゃんねv 絶対カメラを正面から見ない徹底した斜構え、すごいね! 役者としての自意識の高さと、身のこなしの美しさはやはりただものにあらず。。。


そんな王家のすごすぎる男たちのまえに、主人公たる武士はおろか、後宮のなみいる美女も、名だたる美人女優さんたちも、ただひたすら霞む霞む~~~~(>_<)(>_<)。ヒロインたちが特に地味っつーか(涙)バランス悪すぎでは…;;

かろうじて中井貴一はさすがって思うケドね。もののけ伊東四朗も納得の貫禄でおざりました。コメディアンあがりの人は芝居の空気読むのもうまいよなー。

設定はものごっついし、かっとんだ時代で、性愛も描きまくりなわりに、女人たちの深みがないわぁ;; 壇れいさんは、なかなかだけどね……。あと、韓ドラの影響なのか、女の戦いがあからさますぎて白けたわ。仮にも中宮に対して、人前であれはない。。。もっと裏で陰湿なことやるんやで。

失笑やったのが、義清のオチ。もうちょっとなんとか、なんとかしてほしかったわー(>_<)。文学的に格調高くしてほしかった。若い子にはわかんない? もうどうせついてきてないでしょ。


うーんうーんうーん。


美形は坊主頭になっても美形だけど、やっぱりもうちょっと美々しい公達姿を愛でていたかったよ!!!(>_<)。もうすぐ鳥羽法王も亡くなってしまったら、楽しみが減るよ~~~(T_T)。崇徳院と後白河帝だけが心の支えか~。それだけで年末まで持たせるのツラくない?(ずばっとな☆)松ケン好きなんだけどな~。こういう真っ正面、狂言回し主人公だと、光りようがないよねー;

平安末期中2病清盛って…(苦笑)

まさか、出家して坊主になってからが、もののけの本領発揮とか(それはイヤー)


大河はさあ、もうちょっと主人公目立たせるように、周囲が気をつかってあげないと厳しいよね……(>_<)(>_<)(>_<)。本筋がどこにあるのか、これじゃぜんぜんわからん。ぱらんぱらんな印象です。作品完成度としては、点が辛くなっちゃいますね。本格派っつー触れ込みですが、いったいどこをどう突き詰めているのか、帯に短したすきに長しな脚本&演出だなあと現時点の印象にて。

あの時代だと主家や宮筋の血が入ってるっていうのは、自分の家の箔づけになるから、嫌がるどころか、恩賞恩典あつかいだったと思うケド? 迷惑がられたのは江戸時代の後半以降くらいじゃないかなぁ……。



スポンサーサイト
この記事へのコメント

ご無沙汰しております。moeです。久しぶりに来てみたら、再開していて、嬉しいです。

昨年に続き、国営大河は数回で挫折してしまいましたが、私も宮中シーンには、ゾクゾクしていました。

一途な春日様と違って、私はパランドゥイなので、次々マイブームがきて、一体どこに向かっているのか(笑)

また、時々あそびにきます〜。
moe [URL] 2012/04/19(木) 23:21 [EDIT]

moeさま

こちらこそ、ご無沙汰しておりますm(_ _)m。

いえいえ、ワタクシこそ一途にはほど遠い浮気性でございまして…(笑)ちょっと前まで、怪獣と、なつかしアニメにハマりまくってました。ワンピースとか、ハガレンとか、頭文字Dとか(おいおい)

そんなこんなで、韓ドラ、すっかり遠のいてしまってマス(>_<)。久しぶりにワタクシもmoeさまのブログ、拝見させていただきましたらば、やはりお見事なスタンスかと…。わはは。好きでハマれる人や作品がたくさんあると、幸せですよねえ!(爆)

あー、やっぱり宮中シーンはドキドキ!な感じありましたですかー!!(嬉) あまたさぶらいたまいける女君たちより、宮におわします男君たち、(建礼門院さまはさすがでしたが)親王や帝や院に若き内大臣あたりが、ひじょーに妖しく美しいのがたまりませんねー。おほほ。御簾ごしの後ろ姿や、脇息に寄りかかった襟元のくつろいだ様子などなど。雅びなことこの上なく、止め絵こそ大和美の極致でございます~(えへっ)

血縁もなにもぐちゃぐちゃな愛欲図っていうより、もはや性別すら超えちゃってたなんでもありの中世のセクシャリティをわりとそのままざっくりやっちゃってて、おいおい大河っていうより、これ深夜枠向きってつくづく思います~(爆)脚本家は?がつくけど、役者さんはみながんばってらっしゃる感じが、なんか日本の大河ドラマっていうより、みょーに韓ドラちっくで、それってちょっとどうなのかなぁ(残念な感じ?)

コメントありがとうございました。またなにかみなさんで、熱く語り合えるテーマが見つかったら
きっと楽しいですよね! ホント、あの頃の熱気が懐かしいですわ~ん。「茶母」みたいに、
なんか語りたくてしょーがない作品に出会いたいものですvv(笑)
春日 [URL] 2012/04/22(日) 00:36 [EDIT]

あれだけ色っぽい宮中シーンというのは、国営としては、画期的ですよね

イケメンもえしていたとおもいきや、一番苦手な、アラサーむけロマコメまで萌えちゃって、、どこ向かっているんだ、自分〜!な感じですが、小根さんの茶母・同伊話では、久々に茶母廃人のことを思い出しました
http://blogs.yahoo.co.jp/komone1209/64984599.html

春日様の至言は、「ビョンフンPDは茶母廃人なんだよぉー(イサン制作発表当時)」だと思っているですが、ソジンssi,ジウォンちゃん主演ドラマをとった後の、同伊が、ビョンフン節炸裂茶母だと思っております(げらげらげら)。ビョンフン節からしてみりゃ〜、賎民の側室が最大のベタベタご寵愛を受け、そのお子が正妻以上の扱いを受けてこそ(イサンはベタ寵愛&お子かわいがりがあったものの早世しちゃっているから、成就しているとは言い難い)、腹に落ちるんですわ〜。やっぱ、ビョンフン節のラブラインを炸裂されるには、お子は王&名君にならにゃ、ならんのだと思います。

と、アホな論法を展開してしまいましたが、また、共に熱く語れるドラマがあったらいいですね
moe [URL] 2012/04/30(月) 23:42 [EDIT]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2012/05/01(火) 05:58 [EDIT]

Re: タイトルなし
>moeさま

ご無沙汰しちゃって、お返事遅くなりましたm(_ _)m

えっ、途中って、「。」が抜けてるとかじゃなくて~?(笑)

もったいないので、この続き、もしおありなら、またコメ欄に書いてくださったら、
ワタシ、とっても嬉しくありがたいですよぉ~~(爆)

ちなみに新記事も「清盛」です(わはは)


でもでも、もし支障あったら、こっそり削除しますんで、
また鍵コメしてくださいませ。

春日 [URL] 2012/05/11(金) 16:17 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。