FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/31
BS11で国営チェオク字幕カット版を放送してますよ。第2話
そんな感じで。


そーかぁ、考えてみたら国営地上波より、
1時間の枠短いんですね。CMあるから。

字幕があるので、家人が食いつきます。
いつもワタシが監督版みてても寄ってこないのに~。

あー、それにしても2話はえぐいですなぁ。。。

ただの国営「チェオクの剣」日本語字幕版だと
いうことは、なうりの当て馬主人公脱却の夢は
脆くも潰えましたね。これで中の人プッシュは
可能なのか?

映像が綺麗なだけに、BGMの愛のなさが悲しいです。
転調して姑息に似せたへんな曲、あんな曲、似せることもできず
逃げた曲。音楽って、こんな楽しくないものだったっけ……。

竹林で白々と明るく、天高く解放された精神のように乾いた笛の音、
ハープの音。あくまでここは長調なんだよ。大陸武侠なんだよ!
半島独特の乾いた伝統楽器の音をイメージしてあるのがいいのにさ。

長調だけど、もの悲しい。そこがミソです。

そして短調の曲は、地の底までどっぷり。いわゆるひとつの
「チアーキはあっさりしすぎでーす。ここはもっと悶えるように
ローマンティックに!!」そういうことなんですもんねぇ。。。

ラフマニノフがあっさりしてたら、そら~、物足りまへんわ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

おちつきなはれ
つーかですね、うちBS11が映る契約なんですが、このチャンネルだけ映んないんですよねー。いやー不思議。
今月中には原因がわかると思いますといいつつ、今月終わりそうです(苦笑)。
というわけで、まだみれておりませんが…。そうですかー、あまり残念じゃないなー(笑)。
小茂根 [URL] 2010/03/31(水) 22:02 [EDIT]

Re: おちつきなはれ
>小茂根さん

>そうですかー、あまり残念じゃないなー(笑)。

そうですねぇ。まあ、予想された事態なんで、
べつに驚きはしないんですけどね(苦笑~

実際見ると結構ムカつきますよ!(爆)

というわけで、以後は録画するかどうかも微妙ですね~。
リアルタイムで見られたら見るくらいです。
流し見にはちょうどいいかも。時間帯もそうですよね!
春日 [URL] 2010/03/31(水) 23:38 [EDIT]

国営さんの呪縛?
春日さま
Chappiさんのサイトでの春日さまのコメも拝見しましたが、ホント、ショックですよね。
ディレクターズカットって一体何なのか、電話で聞いた時の権利元って一体どこの誰なのか知りたい。
日本のTVやソフトでは、監督版どころかMBC版さえ放送・発売は永遠に叶わぬ夢なのでしょうか。

「韓国の部屋」というサイトの旧ブログは(アーカイブで探さないと見ることができませんが、その他の「茶母」関係の記事も)とても興味深い記事が多いです。
http://web.archive.org/web/20070103113058/isoji.fromc.jp/korea/blog/2006/02/post_10.html
著作権のせいなのか、国営さんの怠慢のせいで、今だに呪縛が解けないのか。
今回の放送では感情移入せず、せめて以前のTVでは見られなかった映像の美しさだけに浸ろうと思います。

そうそう、全く日本では手に入らないMBC版と同じ英語版「damo」、youtubeできれいな画質で全話見られますよ。(Yi sanもあります)
http://www.youtube.com/user/2708bobocel#p/u
ただし少々難ありですが。(11~12話は画像と字幕がかなりずれている。14話は二重になっている。)
トリョンニムはyoung masterdです・・微妙。ヨボはhoneyう~ん照れる。
ガマ村の人たちのLeprosy、病名を出しています。
10話ナウリィのせりふ「私はお前を大切に思う男に過ぎない」→I am a man who holds you dear 。
「もうこれ以上、私のために生きるな。」→From now on…do not live for me
忘れろ、すべて忘れてくれ、私のこともチャン・ソンベクのこともすべて
→Forget about me  Forget it all me and Jang Sung-Baek Everything
13話However….to me,you are only….a damo no more and no less
ご存知のシーンです。

A far off mountain...
A mountain with a deep green forest.
A destiny... that could not foresee that divide.
A love I could not measure.
A love that tore apart my heart.
Not again....Never again... Do not live for me.
ラストシーンのテロップです。
コメ長くなってすいません。
チャア [URL] 2010/04/01(木) 19:09 [EDIT]

ショックのあまりリモコン持つ手が震えます…

どちらのディレクターさんのカット版なんでしょ?
ひょっとして日本?

ぷるる [URL] 2010/04/01(木) 21:27 [EDIT]

Re: 国営さんの呪縛?
>チャアさま

こんにちは。うーん、やっぱり予想通りな結末でしたね!(苦笑)
国営があーゆー形で日本内版権をMBCから買っちゃってる以上、
国内では逆に「チェオク」版権をたてに、韓国版を排除するだろう
と考えられるので、まあ、無理っちゃ無理なんですよね(遠い目)

ワタシはいろいろあって、KNTV版という、MBCオリジナル放送と
思われるものの日本語字幕版も、監督版とは別に見ることが
できているんですけどね。(記事にもしました)

ディレクターズ版云々の話は、今回BS1○さんの
ただの不案内・早合点なのかもしれないですけど、
実は当初から、国営版は国営版として、
PDに直接依頼してカットしてもらったものなのかも?
という疑問があるんですよね。。。

大昔ですが、TV放送される映画類のカットは、
著作権者本人に依頼してされる、みたいな話を
聞いたことがあって。本当かどうか眉唾ですが、
「このままじゃわかりにくいんで」という国営の
希望と時間枠によって、PDがあーゆー風に
「それもありじゃん」とカットすることは
ありうるのかもな~~と。。。。なんせ商売ですから!(笑)

見て、気に入って、いろんなバージョンの「茶母」を
愉しめるっていうのも、希有なこの作品の
特色なのかもしれません。ホントの意味で決定版が
ないのもファン泣かせです。。。韓国ペインさんの
間では、監督版でカット再編集された数シーンをもって、
「最悪」という酷評もあったようで。テンポが悪いとか…(苦笑)

英語字幕は単体でけっこう面白いですよね。
作品としてはどうよという感じですが^^;
日本語の方が韓国語にニュアンス近いですし、
むしろ画像上に字幕あるのは、日本語でも
ワタシは邪魔と感じるので…(笑)「茶母」限定ですが、
字幕煩い! 黙ってろという気分になります。
どうしても音声とズレますからね~。
春日 [URL] 2010/04/03(土) 07:59 [EDIT]

Re: タイトルなし
>ぷるるさま

> ショックのあまりリモコン持つ手が震えます…

そうですよねぇ~^^; ぷるるさま、今回国営版を初体験でいらっしゃるのですもの~。
知らなければハマることができても(→国営版でハマった人間)、知ってる人間には、唖然というか。怒りすらこみあげるというのも、自分が経験してることなのでよくわかりますー(苦笑)あとで監督版やらKNTV版を見て、録画してた国営版を確かめ見たら、もう二度と見られないわと思い知りました☆

> どちらのディレクターさんのカット版なんでしょ?
> ひょっとして日本?

ですよね、ですよね~。
上でちょびっとだけ、国営の意向に添う形で本国PDにカットしてもらったのかも?なんて言ってますけど、ほとんど自分でも信じてません(爆)つーか、音楽許諾はあるにせよ、なぜオリジナルで問題がないはずの主題歌まるごと付け替えなのか(「最後の安息所」だけはそのままでしたっけ)、ダメなとこだけ外してオリジナルを生かそうという努力はハナから放棄なこの姿勢。つくづく自国の視聴者をナメてるのか、「新スター・ミンジュン氏売り込み路線」とか、自分とこの商売(ソフト&CD売り込み)優先ぽくて、作品への敬意が感じられず、不満が残っちゃうんですよね~~~。

歌だけじゃない、亡くなった音楽監督さんのすっごい才能とかセンスをいっぱいに感じられるBGMですのにねぇ(この方が亡くなってるせいなのかなぁ~;)。「梅花田」は伝統音楽の息吹とクラシック手法の融合という意味で、武満徹に劣らぬ哲学性を秘めた香気を漂わせる名曲だといつも思います。。。
春日 [URL] 2010/04/03(土) 08:17 [EDIT]

商売
春日さま
「最後の安息所」も差し替えありです。
13話縁切りの時が最悪→「哀心歌」へ(哀心歌自体は良い曲ですが)
ナニお嬢様が「チェオク・・のことですね」シーンも→哀心歌インストへ
「丹心歌」の最悪は「ただの茶母」シーン→哀心歌へ

「韓国の部屋」は、BS11で始まる韓流エンタメ情報番組「韓ラブ」の逆ソースとされるようなサイトのようですが(ご本人は余り喜んでない様子)
前コメのリンク先アーカイヴのコメ欄最後の方で(2006年当時の推測でも)5話の音楽使用箇所26のうち、オリジナルと同じなのは1、差し替え25、アレンジ違い2と調べられ、著作権の問題だけでなく、国営さんにはオリジナルを使用しようという努力がないと書かれていますよね。

>「茶母」と「チェオクの剣」の違いは、シーンのカットよりも音楽の差し替えの方が影響が大きいように私は感じています。(BS11の件で3月31日の記事)
http://isoji.fromc.jp/korea/blog/2010/03/bs11.html
オープニングの画像に関しても、私などぬか喜びしましたが、こちらの管理人さまは見抜いてました。さすが!

>英語字幕は単体でけっこう面白いですよね。
そうなんです。興味があって。でも国営さんよりましです、余計な意訳しませんから。
「今度は失敗するなよ」→Don’t make mistake this time
チャア [URL] 2010/04/03(土) 09:21 [EDIT]

Re: 商売
> チャアさま

> 「最後の安息所」も差し替えありです。
> 13話縁切りの時が最悪→「哀心歌」へ(哀心歌自体は良い曲ですが)
> ナニお嬢様が「チェオク・・のことですね」シーンも→哀心歌インストへ
> 「丹心歌」の最悪は「ただの茶母」シーン→哀心歌へ

あぁ、すいません。そういう意味での「差し替え」ではないんです(^^;)
版権的に問題ないはずの「宿命」を含む主題歌3つすら、
オリジナルの音源をそのまま使わず、別の歌手さんで、
べつの演奏・録音をされた「日本版」になっているという意味
でした。「最後の安息所」だけは、さすがにあの男性ファルセットが
出る適当な歌手さんを見つけられなかったのか、
オリジナルの音源という話なので。 ドラマに流れてる主題歌は全部
日本版サントラから採られています。
楽譜が同じでもアレンジや歌い手・奏者が違えばぜんぜん別ものになる上、
「これはこれでOK」レベルならともかく、「前より劣る」のは
いかがなものかと、つい苦笑しちゃうところですね…。


以下は映画やドラマの作り方の話になりますが。
映像ソフトは、1:画像データ、2:台詞の音声データ、3:BGMのデータ、4:効果音のデータと、いくつもの細長い帯を束ねるような作りになっています。なので、もうどの箇所がどう違うとかいう問題じゃないんです。国営版は、MBCの放送元から、3と4の帯を抜いて、新しい自前の帯を作ってくっつけ、放送&販売しているってことです。版権のこともあり、販売前提な以上、あとでややこしいことになるくらいならすっぱり全部新しくしちゃえというのが真相でしょうね。シーンカットより音楽の影響が大きいのは当然です。オリジナルの作品データ全体量からすれば、半分のデータが抜かれてるわけですから~(カットは、画像データの一部)

ファンにとっては、「それでなんでこの番組買ってきたの?」という気分はぬぐえないですが、お金出して放映権とっちゃったのは国営サマなので、もう、仕方ないです。そもそも最初からジェギュPDが権利関係に気をつけて音楽つけて下さってたらよかったんですけどね!(身も蓋もない(笑))

正直もう最近あんまり見てないし、字幕は不要派ですし、必要なものは全部持ってるのをいいことに生暖かい目線で(苦笑)ひととおり国営版については過去記事で突っ込んできましたし、語り尽くした感もあり、今回ちらっと見たらば音楽、相変わらずセンス感じられないな~と脱力した程度のオチですね。まあ、予想どおりの結末過ぎて泣けるというか(爆)
春日 [URL] 2010/04/03(土) 13:10 [EDIT]

>PDに直接依頼してカットしてもらったものなのかも?

この辺に関して情報と自説をいっちょ。
『チェオクの剣』のあとの『春のワルツ』は監督自らの編集となっており、これに関しては国営さんはしっかり”ドラマの売り"として宣伝しております。
つまり国営がまったく表明してない以上、監督自らの編集というのは広報上考えにくいかなというのが私の考え。

mixiの私の日記でも、国営版よりひどいというコメントが寄せられており、逆にどうすればそれだけひどくできるのか興味があったり(苦笑)。
私はみれてないだけに、逆の意味でみてみたいです。
小茂根 [URL] 2010/04/03(土) 21:14 [EDIT]

Re: タイトルなし
>小茂根さん

> >PDに直接依頼してカットしてもらったものなのかも?
>
> この辺に関して情報と自説をいっちょ。
> 『チェオクの剣』のあとの『春のワルツ』は監督自らの編集となっており、これに関しては国営さんはしっかり”ドラマの売り"として宣伝しております。
> つまり国営がまったく表明してない以上、監督自らの編集というのは広報上考えにくいかなというのが私の考え。

そーなんですね~。納得です。関連本とか日本版サントラとか出しちゃってる割に、その肝心のアナウンスがないあたり、逃げてますよねぇ(黒笑)すくなくともソンベクプッシュと頼まれれば、あのPDが断りもなさらないでしょうが、本筋は切らないと思うんですよ。脚本と主演者への思い入れごっついでしょうし。バランス感覚の鬼って感じもするんで、あの国営版はなんぼなんでもないだろ~というとこですかね(笑)

> mixiの私の日記でも、国営版よりひどいというコメントが寄せられており、逆にどうすればそれだけひどくできるのか興味があったり(苦笑)。

うーん、2話まで見ての印象ですが、国営版をCM分切り詰めただけのものなんで、それ以上
ヒドイかどうかは…(苦笑)あ、ただ編集が荒くて(まるでホームビデオ並)変なとこでカックンするのは脱力ですよ~~!! がくがくってコマが乱れたり☆飛んだり(わははっ)ビッ○カメラの店員さんが自作カットなのかと思ったくらいです。まあ、変なとこで毎回「つづく」になるのは、皆さんイヤかもしんないですね。私的にはいつも連続DVDで見てしまうので、この物語をどこで区切るべきとかいうのは、ないんですが(^^;) だって脳内で続いてるし!(爆)始まったら終わりまでで1本ですから!(あはは)

ペインさん方には、久々のTV放送で、なまじハンパな期待をもたせる「ディレクターズカット」表記のこともあり、余計にいまいましい気分なんじゃないですかね~。まあ「チェオクの剣」と書いてあったんで、「茶母」じゃなくて当然だったんでしょうが(乾笑)ふつーに国営セルDVDの日本語字幕ですよと言えばよかったんですよねぇ。でも竹林の場面は、国営より切り詰めてちょっとマシ?な気がしたのは偶然かな…(笑)あのムダに冗長で場面つながってない編集は歴史に残りますよ…ギャグかと思ったもん……。

そうそう「茶母」って、空撮とか、部分的にHDカメラじゃありませんよね? フルハイビジョン放送したかもしんないけど、撮影機材の都合上、いくつかはふつーの画像だと思うんですが…
春日 [URL] 2010/04/05(月) 16:19 [EDIT]

ありがとうございます。
>あぁ、すいません。そういう意味での「差し替え」ではないんです
うわわーー失礼しました。
そうですよね。
「釈迦に説法」をしてしまいました!<(_ _)>

>シーンカットより音楽の影響が大きいのは当然です。オリジナルの作品データ全体量からすれば、半分のデータが抜かれてるわけですから~(カットは、画像データの一部)
すごく納得!違和感の大きさがよく理解できました。
オリジナル見ていても音楽に余り違和感感じない方もいらっしゃるようですが、カットも悔しいけれど、私は音楽が気になってしかたありません。
チャア [URL] 2010/04/11(日) 09:48 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。