FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
08 * 2018/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/05
「ニューシネマパラダイス」を見ました♪
いつもいつも、録画しては見ずに消去を繰り返してきた、
この有名な名作中の名作映画。

ついに見ました~。

そしてそして、やっぱりいい映画は、
いいですね~~~vっv


もー、どんだけ?!っていうぐらい、映像が綺麗。

それも「美しく耽美に」撮ってるンじゃなく、
もっとも「自然に」わかりやすく、さりげなく
撮っている映像なのに、細部まで研ぎ澄まされ、
理知とセンスそしてユーモアに満ちている!!!

しゃれっ気がある…というんですかね~。あーイタリア~。


シシリー島を舞台に、片田舎で繰り広げられる
映画に魅せられた一人の少年と、彼を巡る人々との群像劇。


くぅ~。
もうね、キャスティングが上手すぎ。
この人しか、この役には合わないだろっていうくらい、
役者さんの顔つきと声と、役柄がぴったし…。

典型的な、南イタリア男の顔した映画技師のおっちゃん。

情熱的で、頑固で、厳しくも美しいシシリー女のおかーさん。
黒髪といい、あの鼻のカタチといい、完璧っす。

でもって、子役ちゃんは、当時天才子役って言われたの
わかる~。はしっこい、左利きのトトがぴったりでっっ。

神父さんとか、村のおっちゃんたちとか、
もーそれこそステレオタイプがどっちゃり。
お約束をホントに丁寧にこなし、それを越える
演技があるんですね~。

麗しの彼女は、やっぱりルネサンス絵画のよーな美少女だし。

ラストにいたるさまざまな出来事、映像、音楽、
劇中劇として差し挟まれた、モノクロ名画の数々、
セリフ、たまりません!!!!

最後「預かり物」の「×××」だらけの
フィルムは、最高でした~~~♪♪♪

オリジナル完全版ってことだったので、
とても見応えありました。たぶんデジタルリマスター?
とっても綺麗な映像でした。脚本もすばらしいです。
オススメ。

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。