FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/24
イブイブパーティ♪
23日が祝日になって以来、我が家のクリスマスはイブイブで
昼間っから飲んだくれるパターンになっております(笑)

今年のメニューは、なんと!

「ジョエル・ロブション」のブレス鶏の丸焼きと
パン、そしてオリジナルのブッシュ・ド・ノエル。

ワインはバンフィのブルネッロディモンタルチーノ
1998です♪


以前、イタリアにはまっていたころ(つまり結婚した頃)
メニューは自家製のイタリアンと決まっていました。

家でつくれる旨いもんというのに凝ってたんですね~。

が、月日が流れ、人は堕落し(笑)
「決して家では作れない」トレトゥール(惣菜)が
簡単に買ってこられるフランス流デリにはまってしまい(あはは)
もー、自宅では、ポトフとか、サラダくらいしか
用意しなくなりました(ダメダメじゃん…)

今年は、サイトだったか、なにかのチラシ?だかで、
ジョエルロビュション各店舗が限定でケーキだの
シャポン(鶏の丸焼き)を用意してくれるっつーので、
早々に予約いたしました~~~(笑)

しかも、六本木のごみごみした道路で迷わないよーに
わざわざカーナビまで買った家人(苦笑)
いままではわりといきあたりばったりに
車移動してましたが、クリスマス渋滞とかしてそう
でしたからね~;

私はこたつから出たくないので(自滅)
合気道の納会から帰ってきた怪獣が、
着替えてお父さんの荷物持ちとして
いっしょにケーキと鶏を受け取ってきましたvv

さすがのデカさ(ブレス鶏1羽丸焼きですから)に、
店の人が「これですね~」と箱の中身を開けて、
取り扱い(ジュとか、岩塩とか)を教えてくれた間中、
他のお客さんの注目をあびて、なんかウレシカッタらしい
家人(バカだ…)

皮がぱりぱりのカリカリで、めっちゃおいしかったです!
焼き加減は、正直レアすぎると思うけど(肉食民族だもんね)、
まあ、胸肉優先と思えば…(オーブンで20分温め直したのに、
モモより下はほぼ生でした。まあ、いい肉だから生でもいいのか?!

びっくりするくらい、クセも鶏くささもなくて、
そのくせ、香ばしいいい匂いに満ちている不思議な
ブレス鶏。やっぱりカルチャーショックです。

我が家の焼き加減の好みはウェルダンなので、
上半分を食べたあと解体して、スキレットでこんがり
焼き直しました!!! もーありえない美味さでした
コゲと塩と油は偉い。
今日は残った鶏の脂肪で、カリカリジャガイモを
作ります!!!!

ケーキは、洋梨とマロンのモンブラン風、ブッシュドノエル。
かなり洋酒が効いてて大人の味ですが…底のプラリネ入り
チョコがもう最高~~~~(ぽわわわ)

濃く入れたストレートの紅茶とこれまた合う!

にしても、私のおなかはもうぱんぱん…
なのに、怪獣は家人と対等に、鶏を平らげて
しまいまいました。たらふくパン食って、
ケーキくって、その上一羽まるごと、
一食で骨にするって、あんたたち…

旨い物に関しては、一人前食べると認識してましたが、
もはや三人前と訂正すべきかもしれません>怪獣。うげー…。
5歳のゴロちゃんは野球少年の怪物だったが、
8歳の怪獣は、大食い少年としてのポテンシャルを秘めて
いるかも…(嬉しくない)

さー、そろそろジャガイモの皮むいてローズマリーと岩塩と
ブレス鶏の脂をすり込んで、スキレット焼き作ってきます♪


……来年からは和風でクリスマスやるのも
ありかもなぁ(遠い目)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

あ~、なんかいいですねー。
うちは私と姉の誕生日の真ん中がクリスマスだったので、全部ひっくるめてお祝いしてました。鶏モモのローストが定番でしたわ。いや、懐かしい。
きっと、将来大きくなっても、そういう家族との体験は思い出として残ると思いますよ。
小茂根 [URL] 2009/12/25(金) 00:31 [EDIT]

Re: タイトルなし
>小茂根さん

鶏モモは、当時の定番ですよね~!
その昔、漫画の描写で、ごちそう=姿丸焼きみたいな
とこありましたが、ワタクシこの年まで、
子豚の姿焼きも、鶏の一羽丸焼きも、生で見たこと
ございませんでした!

いやー、なんか圧倒されます(笑)

それをかじりついて、リタイアすることなく
食べきった怪獣の食欲にも唖然☆

うーん、食いつぶされそう(苦笑)

中世欧州貴族の宴会に欠かせなかった「びっくり剛毅な」
ごちそうの定番らしいんですけどね~~。


子どもの頃の良い思い出になるよーに、
もっと心と手間をかけてやるべきなのに、
この手抜きっぷりです…(ははは)

春日 [URL] 2009/12/26(土) 13:53 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。