FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
08 * 2018/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/01
映画「ハチミツとクローバー」を見ました♪
ハチクロの話なのに「のだめ」の
こと書いてしまえ!( 爆~)
今日やっと新刊(最終刊)買って読みました!
おお、よかったよかった~
ミルヒーつやつやなままで(苦笑)
まあ、多少作者さんもお疲れなのか
逃げたなという顛末ではある(こらこら)

それとも外伝で(でも外伝だしな)ちらっと
入るのでしょうか? そこ、そこがキモでしょうにぃ!(あぁん)

ともあれ、原作がかように奥ゆかしく
退いてくださったので、おそらく映画は
王道ド派手路線まっしぐら☆に違いありません。
つーかすでに打ち合わせ済み?! 生コンチェルトだもんねぇ、
どーせなら初見のほーがインパクトあるよねえ(大人の事情)

前売り買って、家族で観に行くことになりそうです(^^;)
怪獣はすでに全巻読破してるし~…。オケデビューだのv
音響のいい映画館を探すぜ!!!(ウキウッキー♪)




「ハチクロ」は漫画とアニメもちらっと見てましたが、
映画は、自動録画されてたので…(笑)

これが大ヒット漫画って言われてた頃、
世の中いー若いモンが、ちーさいところで
ちまっちまっと内側にしか興味ない(あるいは理解できない)
人ばかし増えてるよーな気がして、
あまりめでたくない気分だったな~。。。

大きなお世話ですよね(^^;)

でも、そろそろ「大きな物語」の時期だと思うのよね☆


ちなみに映画レビューにネタバレはありません!



映像表現は、大森監督っぽいなーと
思いながら見てました。

ちょっと古くさい映像をわざと演出して
ノスタルジーをかもすあたり…。

キャスティングも
登場人物のトーンをぜんぶそろえてあって、
よく調和がとれてると思いました。

まあ、内容はねー、内容だからさー(苦笑)

「のだめ」との違いは、
音大か美大かってくらいの差だけ~の、
いま流行のニッチな「専門性」という点を
プラスαの青春群像劇ですから、
ハズしようもないっちゃ、ないですわな。

森田君が、ひじょーにツボりました!
特に登場初期のセリフまわしがすばらしかったです。

「そーゆーのが一番売れンの。
 それはもう全世界共通。
 とはいっても、オレが作った物だから
 10年後にはそれなりの値段になってる。
 子どもを私立小学校に入れる足しにでもしてくれー」

もちろん、いっとー大好きなのは花本先生よんvvv♪
うぉう~、くたびれた中年オヤジの
色香はたまらん~~~。(^^)。

まるでワッツさんのやう(きらーん)

そして獅童さんはいつ見ても上手いな!(苦笑)

あとの役者さんは全員予定調和だと思って見てたもんで
印象に残ってない…(ヒド)





スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。