FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
10 * 2018/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/29
「悪魔のようなあいつ」3~4話を見ました~♪
ひさびさに。。。

いやあ、濃ゆいわぁ~

野々村さんとこに日夏が押しかけ、
「良ちゃんに会わせて」といい、
八村モータースに白戸警部が居座り、
良ちゃんの部屋を家探ししたり…。

謎のちゃらけた覗き魔おやじまで
良ちゃんの部屋の隣に引っ越してきました(笑)

どーでもいいけど、ホント、良ちゃん@ジュリーは、
服を着せてもらってませんっっ(きゃきゃきゃ)

部屋の巨大な鏡に映った全身裸像を
延々とカメラが追っていくあたり、
撮ってるひとたちは相当な好きものですなぁ~(苦笑)

しかし、良ちゃんてば、御本人の顔と
鏡に映った顔が寸分たがわず美しいのに、
もはや、呆れてしまいます~。

時効間際になって、じわじわと「三億円」犯人をめぐる
包囲網が縮まってきた?


焦る野々村さん(笑)

良ちゃんのベッドで毛布にくるまってみたり、
彼の部屋で、シャツのボタンをはずしてみたり、
たきつけた日夏さんが、良ちゃんに惹かれていくのが
気に入らなかったり、なんかもう破たんつーか、
壊れ度からいうと、良ちゃんといい勝負です(苦笑)

ゴッドファーザーぽい、裏社会の顔役という面と、
良ちゃんをネコかわいがりしてかしづきまくってる面の
差が…こわすぎ…(爆)

とうとう、自分を抑えきれなくなった野々村さんは、

「俺は…俺はみんな知ってるんだぞ。
だから、○×を誤認逮捕してまでおまえを…」

三億円犯人である良ちゃんを、
「庇っている」と言いたいのか、それを
取引材料として、彼を手に入れたいのか…

タブーを口にしようとする野々村さんに
冷たい拒絶を浴びせる良ちゃん。

「なんのことさ?」

いやー、どんなにめちゃくちゃな脚本でも、
つじつまが合ってなくても、やっぱり
ジュリーのこの顔が見られたからいいや~~(大爆笑)

こう、上目遣いの媚とか、ずるがしこそ~な表情も
多いんですが、ここは、厳然としてふてぶてしく、
底に流れる温度が超低温。。。。。

絶対に、口を割らない、本心なんか期待しても無駄。

そう思わせる、残酷にして美しい仮面ですわぁvvv



俺を信用しろ、お前が好きなんだ…!(ひぇえええっ;;)
まだ4話ですが、壊れっぷりは12話のなうりもかくや、
固唾をのませる演技もすごいですが、、、、脈絡が
なさすぎ…~。

そんな野々村さんですら、苦しげに、ほんとーに辛そうに
つづく言葉を飲み込んでしまいます。(つーか、
もうここまでゆったら、押し倒すつもりだったけど、
それを諦めたっちゅーかね☆)

ここで、わけのわからん高笑いになっちゃうところが
いまいちーなんですが…(くどいし)


やぶれかぶれ野々村さんから、日夏さんが
元は彼の女房だったと打ち明けられます。
でも、いまはコールガール(苦笑)

豆腐屋の二階に下宿してる彼女の、ケロヨンロータスが、
ものごっつい異彩を放ちまくり……(わざとでしょうけど)

「おーい同業者!」

コールボーイしてる良ちゃんにそう呼びかける日夏さんが
かわいい…。つか、なんで会いに行くのか、良ちゃん(謎)

自分が悪性の脳腫瘍であると気づいた彼は、
自暴自棄になったりしてましたが、施設に入っているいずみが
兄会いたさに(他の女の影がちらつくのが嫌なんだろう)、
なぜか看護婦(篠ヒロコ)つきで、良ちゃんの部屋に
転がりこんできちゃったので、

「生きてるうちに金を使うか~」という気になったみたい(爆)

妹の車いすに隠してあった三億円を取り出します。。。

はみだしかけてた金を、白戸警部に見つかりそうになったり、
取り出してベッドの毛布かぶせただけの札束前に、
野々村さんと奇妙な連帯をすることになった八村の二人と
向かい合ったり、お約束の緊張感あおるあおる(爆)

で、結局、こぼれ出してた聖徳太子に気づいちゃった
看護婦さんが、良ちゃんに押し倒されて口を封じられました(笑)

鉄板ですな☆ こんな劇画調、実写にしたってリアリティが
出るわけないと思うんですが、とにかく、もう良ちゃん@ジュリーの
素材ですべてOKの説得力です(ありえへんし…)

演技力は正直イマイチでも、とにかくここってところの
集中と表情の押さえ方がいい。独特の浮遊感も
久世PDにはたまらないごちそうだったんでしょうが、
コレって、「ジュリーが良ちゃんを演じてる」二重構造の
せいですかね。

もとのジュリーも、男くさい人なのをあえてセクシー悪乗り路線の
演技をしていらっしゃるわけで。さらに色目づかい、上目づかい、
「ボク27歳になっちゃったよ…」という見せかけの弱さ、
さぶいぼ立ちそうな演出過剰が、かえって、内面で醒めきってる
良ちゃんやジュリーの本質をあぶりだしてくる、っつーのか。

どっちにしても、こ~んなびんぼーぐちゃぐちゃの
世界で生きてるわりに、良ちゃんは衣装持ちだのー(大笑)
しかも、ズボンもシャツも帽子も、一級品ばかりじゃっっ。

まだ4話なのに、10話終了じゃないはずなのに、
いきなり要の証拠ブツ・現金が…(笑)

これはそんなに大事な伏線じゃないってことなのか?!

以下、ど~うなってしまうんだろう、この展開???、と
大いなる危惧を抱きつつ、つづく(爆)



スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。