FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
08 * 2018/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/04
どんだけ引き出しあるんだー!


今年のライブは、家族の事情で
ラスト8曲くらいしか聴けなかったのですが…

その中でも、「悲しきチェイサー」は
出色の出来で、曲調といまのジュリーの声色(音色)が
すごーくあってて、よかったですねぇ。

こういうのは、いまだからこそ歌えるっちゅーのかな☆



またぞろyoutube巡りをしておりました。

こないだ紹介したデビューしたてのユーミンと、
きらっきらのジュリーが共演した動画を
探したけど、見つからず…(えーん)

(TT) あのときのジュリーのオーラは神がかりだったのに…


ふらふら深みにはまっていったら(←いつものこと)
こんなん見つけました!!!


御年45才当時だそうですぅ~。

「そのキスが欲しい」

この曲はワタシも大好きな曲なのですが、
アルバムで知ったクチなので、
発売当時の画像って見たことなかった。


…っつーか、コレ。
当時、生で、TVで見たかったよぅ~。。(><)。。
(出典は、ライブビデオだそうです。
「Reall love yah」の年。買いに行こう~♪)

なんじゃこのカッコイイ、おっちゃんはー!!!!
(※注 大激賞です)


あーもう、メディアに出なくなってたころなのが
悔しすぎる…! ごっついノリノリの気持ちいい曲
ってだけじゃなく…このスタイル、味わい、深み、
どこをとっても、旬やおまへんかーーーー。
(ぎゅっとシーツの端っこを噛む)


いまから16年前? なに聞いてたっけ…。
TMNとか、B’Zとかが流行ってたころ?


んもうう、こういうカッコイイ大人の男が
どこにもおらへんかったやないの~~~~(悔し泣き)



若い頃の、芸術品か美の神かってな息詰まる感じも
そりゃー好きですよ。。。でもあの繊細にしてあまりにも
ギリギリのエッジが際だちすぎ、異星人か、はたまた
この世の人ではないくらいの雰囲気かもしてる頃は、
綺麗すぎて、あくまで観賞用っていうのかな…(苦笑)

30代、男の色香入ったあたりはさらに壮絶になって
こたえられない完成度の高さでしたが、これが30後半になると
妖艶妖美、色香が濃すぎて悪酔いしちゃうくらいで、
長くは見てられません(笑) 声も、とにかくいくらでも
高音がつやっつやのまま伸びる伸びる。思うまま過ぎて
きらびやか過ぎて、含蓄に欠けるっちゅーのか…。

これがこの45才。彼ほどの美形、芸能人といえど、
老けたなー、美貌が衰えてうんぬんと
思われるところでしょうが、アタシ、このくらいが
一番男くさくて好みですぅ~~~~~~(大爆笑)

ユンなうりもこの系譜だわ…(あはっあはははっ)。

要するに、ちょうどすべてのバランスが整っている、と
感じません?!


若い頃の綺麗すぎるのも、声が若すぎるのもなく、
絶頂期のこの世のモノならぬ隔絶感もほどよくこなれ、
壮絶な中年の妖艶さのあぶらッ気がいい感じに
飛んで、すこーし飄々とした枯れが入って、
声にも容姿にも、幅と深み、暖かみができた。

つかー、そういうのがちゃんとこっちに伝わってくる
生身感が、とてもいい!!!!!

声の太さ、艶、甘さとざらつき、パンチ力が、
技術と最高のところで釣り合ってて。

たとえば、宝石でいえば、ジュリーって正真正銘
ダイヤモンドで、途中、どんどん名人級の細工がされて
金銀財宝のじゃらじゃら首飾りとかになっていたけど、
この頃、いたってシンプルな、プラチナ指輪に
石一個はめこんでみましたとか。場合によっては、
ブラウンダイヤになりましたとか、そういう感じ。。。

人生のいろーんな荒波の爪痕も傷跡も、
顔と表情に刻み込まれているけれど、
ざらついた肌とちょい悪ぶって暗赤色に
染めた洗いざらしの髪は自在で
いまは笑いたいように笑えるよ、ってな…。

正直、雑駁という言葉が一番似合う。

美しいというのではないかもしれない。
(あくまで彼比(苦笑)並みの芸能人レベルでは
まだまだ十二分に麗しいですっっ)
しかし、間違いなく、渋い、カッコイイ、男前!

しかして、このフォルム。
やっぱり、スタイルめっちゃいいー(うっとり)

カメラ引いて、ロング撮ったときのスレンダーさ。
もはや華奢さや繊細さではない、強靱な
大人の男の意志、頑固さ、ずぶとさが伺える
この目線、態度。

あいかわらず、なんちゅーいいシゴトしてますか、タケジー♪♪♪

!(><)!

インのブラックセーターと、外側の黒スーツ、
なによりスラックスの幅、細さと上着の丈、全体量の
バランスが完璧です。これ以上、ぴったりで
完全に美しい比率はあり得ないでしょう。


このジュリーには、抱きついて、はぐはぐしたい!
旦那にしたい!! 隣で笑ってて!!!

…そういう好きさがあります。。。くぅ~


ふつーに見えて、ぜんぜんふつーじゃないんだけどね。
このジュリーもなうりも…(うぷぷ)










スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。