FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
08 * 2018/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/07
ウィーン? 楽友協会?!
ひぃえぇええええ!!!!(パニック)
ジャパンマネーの底力はそこまで(まだ)あるのかぁ~;
というヨゴレた想念が頭をよぎったのは事実であります(苦笑)

なんと、「のだめカンタービレ」の映画(前後編て、いつから
映画は続き物が主流に…)「最終楽章」は
なんとなんと、クラシックの殿堂ともいうべき、
ウィーンフィルの本拠地・楽友協会で、千秋さまが
タクト振るんだそうです…!(あわわ)

ネットでロケのニュース見て、ぶっとびました…!

いや、ちょっとでもクラシックかじった人なら、
卒倒っつーか、青ざめるっていうか、笑うしかない?!

すごいことができたもんですねぇ。。。


まあ、世の潮流として、クラシック人口はじり貧ですから、
「のだめ」の底に流れる「卵」たちの必死さ、懸命さ、
飽くなき音楽への追求心ってところは、
ウィーンフィルの関係者に伝わった、ってことでしょうか。


それに、なんつっても世の人の耳目を集めるには、
実力はもちろんのこと、見た目も大事なんで(笑)
玉木くんの「千秋さま」はカリスマ性あるし、
向こうの人にも、オリエンタルな美貌が
説得力もったんだろうなぁ~(爆)

ミーハー宣伝効果として、これ以上ないよね!(大笑)
しかも不断の努力を怠らない若き天才指揮者設定(苦笑)
文句のつけようがないと思います。

玉木クンの他のお芝居にくらべると、
千秋さまのテンションが、異常に高い!
音楽のせいかなぁ。そこがハマり役に見せるツボかも。
(監督が上手いのか…)


こうやって、とっかかりはなんでも、
若い人たちがクラシックを聴くようになれば、
聞いてさえくれれば、そのすばらしさや
魅力を感じてもらえることは、
間違いないですもんね~。


そこが普遍(クラシック)のすごいところ。
残っていくものは、みな精髄なのですね♪


びっくりしたけど、映画の公開が楽しみでーすvv
(もちろんミーハーに楽しみ倒す!!!)


スポンサーサイト
この記事へのコメント

私も、驚きました。

でも、もう一つ驚いたのは、今撮影?って、いったい公開は、いつだい!
(最初の話では、この春公開じゃなかったっけ?かんつがい?)

しかし、のだめのせい(?)で、玉木さんの演技が全て「千秋さまの黒王子」に見えるー。某M@まで・・・

でもでも、のだめは、楽しみですーっ!!!



moe [URL] 2009/07/07(火) 23:12 [EDIT]

Re: タイトルなし
>moeさま

ですよね、ですよねーっ?! どんなジョークや^^;ってか、
あのコンサート演技であれば、許されるかもしれないけど、
参考として提出しただろうドラマ映像に、ミルヒーとか
「ぎゃぼーん」とか映ってたら、ウィーンフィルの人は
どう思っただろうかと…とも(滝汗)

さくらちゃんは見に来るかな~(笑)
「私もいつかここに入るんだー!」<女入れねーよ(千秋さまツッコミ)

> でも、もう一つ驚いたのは、今撮影?って、いったい公開は、いつだい!

12月だそうですよ。私も遅すぎ…と思いました(いやまあ、ブーム
とかじゃないから、別にいーんですけど)
楽友協会ロケ交渉に半年かかったとか、主要俳優さんたちみんな
超売れっ子になってるから、そのスケジュール調整とか、
事情はいっぱいあったんでしょう~。よく企画が
ポシャらなかったものです☆

> しかし、のだめのせい(?)で、玉木さんの演技が全て「千秋さまの黒王子」に見えるー。某M@まで・・・

わはは。シリアスがねー、みんな「黒王子様」バージョンに見えますよね。って、「MW」がそれじゃ軽過ぎですよぉ…、悪魔に見えなきゃ~(玉木クンに魔性を求めるのはちと酷かぁ?)。燕尾服効果で、5割増しくらいハンサムに見えてしまうのが、「千秋さま」役のいいような悪いような面ですね(苦笑)

> でもでも、のだめは、楽しみですーっ!!!

ワタシもです~。原作より一足早く、二人の共演バージョンなんでしょうか? 「999」ばりに、映画が原作を追い越してしまいそうですねえ。やっぱいい音楽込みで美しい映像を見るのは、ハマり具合がちがいます♪千秋さまは、ビジュアルがいい上、音楽に対する姿勢が真摯で敬虔(若々しい苦悩とか絶望こみで)なのが、好感もてるですよ~。なおかつ、ベースは、才能豊かだし。←ヒーローの条件(笑)娯楽作はこうでなくちゃいけません☆その上、なんだかんだいって、のだめに振り回される(ぞっこん?)役所が、ツボツボでーすvv(ビョーキ)
春日 [URL] 2009/07/10(金) 08:10 [EDIT]

>映画が原作を追い越してしまいそうですねえ

うんうん、楽しみですよね。昨年映画化が発表されたとき、自分のブログでは書いたけど、「えー、のだめまで、映画化?」ってウンザリしたんですよー。でも、今回のニュースで、一気に期待度スイッチが入っちゃいましたわ。

原作だと、「どんな曲だっけ?」って、脳内変換しながら読むのが、醍醐味なんですが、玉木さんのビジュアル&アレンジの楽しい音楽で見られるというのは、嬉しいですよねー。樹理ちゃんも、結局、のだめが、一番はまり役だと思うし。

ミルヒーとかぎゃっぽーんがあっても(加えて、ヨーロッパ編のパチなキャスティングも(笑))、もし音楽的な面白さを着目してくれたのだとしたら、嬉しいなあって、思うんですよ。

>ベースは、才能豊かだし。←ヒーローの条件(笑)

はい、大変重要ですっ!

私のブログ、イケメン萌えブログと化していますが(苦笑)、顔がいいだけなら、3日で飽きます!(力説)

それに、漫画原作の中でも、千秋様は、難しい役だと思うんですよねー。ちょっと間違うと、イヤなだけの役になっちゃっうから・・・

>なんだかんだいって、のだめに振り回される(ぞっ
>こん?)役所が、ツボツボでーすvv(ビョーキ)

そうそう!

私の好きな「その人の存在のおかげで頑張る」メロなんですよー。愛、最大級。

でも、それをみとめたくない葛藤が、かわいいかわいい!

うぷぷぷ
moe [URL] 2009/07/10(金) 21:12 [EDIT]

Re: タイトルなし
>映画が原作を追い越してしまいそうですねえ
> ミルヒーとかぎゃっぽーんがあっても(加えて、ヨーロッパ編のパチなキャスティングも(笑))、もし音楽的な面白さを着目してくれたのだとしたら、嬉しいなあって、思うんですよ。

うんうん。ふざけているわけでなく、コメディの一表現としてのシャレが通じていたら
いいですね~(苦笑)

なんだかんだ言って、前編にあんだけクラシックの名曲が贅沢にちりばめられている
ドラマって、いまじゃ希有なので~。アレンジの楽しさもそーですけど、
学生オケのときは学生オケの音、プロオケのときはプロオケで、って、
ちゃんと工夫されてますしねー。
入門として、広く世の中に「音楽の楽しみ」を知ってもらうには
ちょうどいい作りです。マニアウケはいくらでも各個人で
掘り下げてもらうとしてー。広報宣伝には、万人受けが至上命題ですものね。

そして「ほんとうに夢を手に入れられるのは」どんなに才能があっても
一人か二人、っていう過酷な現実をちゃんと見せてるのが
音楽で食ってるプロの人にも、納得してもらえた部分かなと。

ターニャやユンロンのところ、書かれるかな?

> でも、それをみとめたくない葛藤が、かわいいかわいい!

「おいおい、正気かオレ。絶対認めたくねーッ!!!」

これが千秋さまにあるかぎり、のだめは「コメディ」路線で
いけるわけで、そこが人気のポイントだと思うデス☆

シリアスじゃ、シャレになんない!(笑)
春日 [URL] 2009/07/11(土) 14:20 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。