FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
08 * 2018/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/03
美形っていうのはね。
ちょーっと息切れしてバイオリズム低下ぎみなので、
否が応でもテンション上がるやつを一発(笑)

いまでももちろん、いらっしゃる。
ナイスガイ。お顔立ち端正系、スター。

稲葉っちしかり、福山氏しかり。

だけどねー。
女より麗しいのはそういないのだなー(笑)

たとえば、オガァとなうりが
クライマックスで並んでいると、
なうりの方に視線が行くように。
(それはワタシが異性であるからか?この場合
美しいのは単純にジウォンちゃんなんだが;)

人間、光ってる方に眼がいくのよぉ~。




ライブ予習で、ようつべ詣でをしていると、
ついつい横道にそれてお宝動画を
ガン見しているワタシ~♪(爆)


これいくつの頃かなぁ~。
色味が押さえてあると、
ホンマ、ジュリーの完璧な造形美と、
漂う香気に驚きますわ~んvv

天下の「ユーミン」がようやっと世間の日の目をみ始めたた頃、
新しもん好きのジュリーが企画に二つ返事でのったんだろうなぁ~。
(曲書いてもらってたし)

当時の彼がどんだけのオーラを振りまいていたかと、
こんだけ美貌かつ男気を備えたビジュアル系にも
かかわらず、がっつりした歌唱力と「声」を
もっていたことまで、確認していただけるかと思います。

このオーラがグループじゃなく、
ピンで出せてるところがまたツボ。

彼のひたむきな演技も嫌いじゃありませんが、
ホント、歌うたってるとき以上のドラマ構築力は
ありえないよね~~。
彼こそは現代の「ハーメルンの笛吹き男」
ではないでしょうか? そんな気がするー。


ユーミンと共演



もうひとつは、内省と頽廃と、荒んだ壮絶な色香の
CO-coLO時代より。

「明星」

これは、すでにバンドを解消していた井上氏と、
彼のラジオ番組で共演した奇跡のコラボバージョン。

歌はふつうのよりテンポスローに。
ギターはかの井上堯之。
いまふうに言うなら神だよね…。

このクラスの人同士の邂逅だからっていうのかな。
鳥肌たつような、一瞬があります。

音楽って、やっぱり時間芸術なんだよね~~~~。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。