FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
07 * 2018/08 * 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/31
イサン第13話+14話(ちょこっとネタバレです♪)
視聴率競争は、激烈!っちゅー感じになって参りましたね~♪
「王と私」との差は0.1パーセントだそうで(笑)

つか、韓国では月火は半分の世帯が時代劇を見てるの??
固定層をどちらも掴んでおられるってことですかね。

うーん、曜日違えば、どっちも軽く30パーセント超える
作品なんでしょうに、もったいない。。。

ソジンさんがおっしゃってましたが、「イサン」は
「CSI」みたいな謎解き推理場面が多いドラマになるそうな。

なるほど~~~☆と思った、13話。

逆賊のしたたかな差配ぶりに、ごく微細な手がかりから
尻尾を掴んで状況を逆転しようと奔走する殿下たち。

たった一人で苦闘していた世孫のまわりに少しずつ
人が集まって、文殊の知恵状態(笑)

洪國栄さんは、あの肩の力のぬけっぷりが
ただ者じゃありませんでしたが、フギョムの誘いを
断るやりとりからして、ちょいと二人は見知った間柄
だったんですかね~~~。敵味方に分かれるにしても、
『お互い一目置いている』感じがよく出てますし、
場合によっては、権力を欲する者同士のどーしようもない
餓えや諦めみたいなものを、認め合ってるよーな
一瞬のやりとりがありました!(おいしぃ~~~(爆))

フギョム役のヨヌさんは200パーセントと呼ばれる
好演ぶりですし。初出演同志の役者さんが大いに
厚みをもたらしてくださるあたり、キャスティング
上手いなぁ!と思います。(いかにも!な人をいかにもに
抜擢するとこがビョンフンPDだもんね☆)

裏表のある好男子というやりがいある役のおかげか、
主役のソジンさんより「演技派」の声も…(苦笑)

実際、このドラマでソジンさんとヨヌさんがブレイク?すると
予想されてますね、韓国の業界筋では…。

それはそーだと深く頷きつつ、ソジンさんより演技派という
ご意見には。。。(笑)いまんとこ、ドラマ中ではイイ勝負
だと思いますけど、客観的な総合力についてはどうでしょうね。
ソジンさんに『フギョム』はできるけど(怖いよう)ヨヌさんに
『イサン』殿下は無理でしょう……(あっさり)

ワタクシは、ソジンさんの、とびきりクセが強くて
器用巧者なとこが好きですよン。



にしても、13話は、韓国語わかんねーとさっぱりですっっ(汗)

流れはわかるけど謎解きの醍醐味がつたわらね~~~(TT)
どうでもいいけど、やっぱりビョンフンPDドラマだけあって、
主役のソジン殿下の台詞の長さがすでに膨大です…(お疲れ様)

古畑任三郎か、はたまた杉下右京警部か(爆)

そこを楽しまないといかんのでしょうなぁ(悔)


1話から状況説明だけで、背景がまったく放置されてた
廃世子・思悼の事件および英祖の屈託(真意?)が
どうやら少しずつ、イサン暗殺組織との暗闘の中で
明らかにされていくようです…(良かった!)
チャンドク皇后は期待通りの悪の親玉ぶりですしね(笑)


13話で現場を捜索、仕掛けを視聴者に説明した上、
14話が御白州ね(笑)英祖の前でイサン殿下が男を上げたよ~!
(嬉)宮廷暗闘劇は、チャングムでもよくできてました。
なかなか…現代世相も反映してていいんじゃないですか?

で、無茶しながらなんとかイサン殿下に証拠を集めてあげた
ソンヨンと、身体を張ったテス(がんばったよ~!)が、
論功行賞で宮殿に呼ばれて、殿下からプレゼントもらってました♪

テスは殿下愛用の弓の道具。(武科受かれ!って激励含む)
ソンヨンには筆(笑)

「おまえに見せたいものがある…」

って、テスを外してソンヨナァを連れ出す邸下(笑)
あああ、正直だなぁ…!

「私が見たところ、お前には絵の才能があるようだ。
 女だから、茶母だから絵を描いてはならぬという法は、
 私が変えるから。お前はお前の才能で、画家になりなさい」


女だから。
茶母だから。
それでお前の夢を諦めないで…。(ただ泣く)


ソジンさん、スケジュールきつくて、お疲れのせいか、
どうも声が掠れ気味。そして随分、声のトーンが低くなりました。

…そ、その声で、「茶母」「茶母」連呼するのは
反則ですよぉおおおお!!!(悶)


”私が変えるから”<(感動…。なうりにそれが言えたらなぁ。
           あーしろこーしろとは言えても、
           自分がどうだとは言えない恐がりのなうり)


私の耳では聞き取れませんが、あの「たもえじゃりだ…」さえ
出てきそうな勢い(苦笑)ま、このドラマどの台詞も長い!から、
ぜんぜん憶えられるフレーズとしてないのですが…(汗)

喋り方もすこし、早口…???



で、誰もいないはずの殿下の書架で、清国の女流画家が韓国内を
旅して描いた?画集をソンヨナァに見せてあげる殿下。

「がんばれ」的にがしっとソンヨナァ(と聞こえました。今回は)
の手をとって包み込んだ殿下♪ いやー、画集持ってる彼女の左手
をおずおずっと誘いにいくソジン殿下の手が良かったあ~♪
指先に羞じらいとためらいがあります…(ぶは)
メロ少ないから、細かく堪能しとかねばっっ(笑)

ソンヨナァの困惑と、いっぱいに腕をのばしたよーな
遠い距離感が素敵(爆)

満面の笑顔で(無意識よね…殿下も天然な人だから)いらっしゃる
と、そこへヒョイ世孫妃が現れ…(笑)

ヨンセン妃綺麗~~(*^_^*) 表情もすごくよかった!
ちょっと顔が曇るんだけど、棘はないんだよ~~。
それでいて寂しそうなのがまた(笑)
私が殿下なら、正妃大事にするけどな(ドラマになりまへん)
おつきのミン尚宮がすっごい怖い顔してた!(恐)


奥さんに見つかっちゃった~☆(爆)

と、困惑した顔の世孫殿下ですが。。。


浮気現場見られてバツ悪いってゆーより、むしろ、やっと二人きり
になれていいところなのに、「なんで邪魔すんだよ…」的な
イサン殿下のくらぁ~い表情が、、、(ぷ)


あなたもですか!


また、あなたもソンヨナァ以外に冷たいタイプの男性ですか!(爆)



自分の大事な正妻に対する顔じゃなかったよ…。



ソンヨナァ > にぱーっと笑顔。

ヒョイ妃  > 迷惑そうな暗い顔。



というわけで、泥沼の三角関係の予感に、視聴者各位は
大いに盛り上がって、以下待て次回となったのでした~(大笑)

てか、あの感じ、殿下は確信犯か?
もうソンヨナァに傾いてるの自覚してんのね?

どこが友達やねーん!!!!(お約束)


――視聴率って、正直(うぷぷ)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

「茶母」がせつないです
さっぱりわからないハングルなのに 月・火の夜は9時頃から パソを繋いで放映に備えています。
不思議なもので お顔や声のトーンで何となく筋がわかったような気がするのです。
あらすじのサイトも早くアップされるようになったように思います。
それだけ人気が出てきている証拠です(と 勝手に解釈)。

 ソジンさんに『フギョム』はできるけど(怖いよう)ヨヌさんに 『イサン』殿下は無理でしょう…

本当にそうですね。
あのやんごとない品性は 役に憑依してしまうソジンさんの役者としての資質なのでしょうし、ソジンさんご自身の品格かとも思います。

ユンなうりの面影を求めて視聴し始めた私ですが
今や なうりとは別人格のイサン殿下を全面的に受け入れています。
でも 「たも」のくだりで オガアの顔が浮かんできて落涙・・・。
考えたら 14話、このときなうりとオガアの物語は終わってしまったのですね。
なんと深い全14話、また落涙。

これからお顔つきは変わって行かれるのでしょうか。お声は年齢とともに渋みを増していらっしゃるんでしょうか。
ソジンさんのことだから 練りに練った正祖ぶりが見られるのでしょうね、楽しみです。

春日様の二次創作も心待ちにしております。
お邪魔いたしました。


anne [URL] 2007/11/01(木) 00:53 [EDIT]

>anneさま

ホントですね~!(笑)
あらすじサイトさまさまです。
ブログにもイサン派の方の記事が増えてきたみたいで、嬉しいです♪ つか、みなさんがんばってらっしゃいますね~;、リアル視聴。本筋を読むのに四苦八苦しても、メロドラマに国境はないみたいで(爆)

ジミンちゃんが「ソジン氏は手に感情を乗せる方」とおっしゃってました!!! うまいなぁ~~(感心)

あの場面は、久々にソジン氏のグググッと空気を引き絞るお芝居を堪能できましたっ! 指先ひとつがホントに綺麗~~~; ジミンちゃんの手より、殿下の両手の方に目が吸い付いちゃいますっっ(汗)

王者の品格はもとより、街場のチンピラ役だって最高に似合ってしまえる、芸の幅とか、オーラの濃さがすんごいですよね~♪ カッコイイと思わせる演技もですけど、タイトルロールとして、こんだけの数の出演者全部の命運を背負い込める(この年で)懐深くまっすぐな存在感ですかしら。。。ヨヌさんもいずれは主役としてそうなられる素質十分ですが…。

いまんところ、貫禄に差がありそうですよね?(笑)


「だが、私にとっておまえは茶母…」
思い出しますよね? なうりが一生懸命終わらせようとした二人の絆ですけど、終わってしまえなかったところが悲しい…。(自分の中で断ち切れはしないって思ってるけど、オガァのためにそう口にしてしまうところが、間違った愛の示し方じゃないでしょうかぁ。)

恋に破れた男の放心をまなざしに篭めさせたら天下一品のソジンさんが、これから殿下の恋の憂鬱をどーゆー風に演じて下さるのかワクワクですよねっっ(笑)

お顔、だいぶ変わってきましたし~、声も渋くなってきましたし~。たぶん、お髭が揃う頃には、あの割れた唸るような声が聞けるンじゃないでしょうか?

韓国時代劇でも滅多にない、男前な王様ぶりをとくと拝見したいです☆

二次創作も、がんばります!(笑)
春日 [URL] 2007/11/01(木) 08:05 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。