FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
07 * 2018/08 * 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/11
愛煙礼賛
イサン関連の記事を書かれているブログで
面白いことを教えていただきました~♪
洋学を取り入れたり、改革派であたらしもの好きな
好学の王さまとして有名な正祖ちょうなぁ。

きっと日本でいうと、水戸光圀と徳川吉宗を足して2で割る
よな感じ…?

新しいもの好きっていうのは、好奇心が強いってことと、
とにかくご自分の周囲が敵だらけとゆーか、非友好的な人間と
旧弊にびっしり埋め尽くされて息苦しいわ、やりにくくて
しょうがないから、余計、新しくて柵の少ないものを好むってな
とこもあったんじゃないでしょうかぁ~。

で、お酒はなるべく遠ざけておられたとか。

酔うときは、トンデモナイ暴飲になったとか(酒癖悪かった?)

「意識が飛ぶまで、酔わないと帰らせないぞ」なんて臣下を
脅しちゃう絡み酒~(苦笑)ちょうなぁのストレスの大きさが
推察できます(ほろり)でもって、ひょっとしたら、
正祖自身は、ものごっつい酒豪(ワク)だったのかも。

ご自分でわかっていたから、なるべく飲酒しないように
してらしたっぽい。あるいは、いくら飲んでも酔えない
(現実を忘れられない)体質なら、酒に逃げても意味ないですし。

代わりに、ものっすごい愛煙家(ヘビースモーカー)
だったそうな。

英才の誉れ高かった王さまは、ご自慢の王立図書館に
たくさん自筆の論説書や墨跡を残しておられるようですが、このなかに「喫煙の有益性」について書かれた論文があるとか~!

いまどきの愛煙家の方なら、大いに正祖の説を流布してもらいたい
ところでしょうね(笑)


しかしまぁ…いま見てると、禁煙できないおっちゃんの
自己弁護じみててちょっと笑える(ぷ)

あと、行間から滲むこの方の凄まじい孤立ぶりというか、
日々の重圧感(そしてそれをなんとか克服しようとつい
がんばってしまう律儀で真面目な性格)が、ひしひしと
伝わってきて、思わずほろりとしてしまいました…。


「まあ、なんにせよ、酒よりまし」

という締めくくり方とか。論文というより、
ちょっとした日記みたい(笑)


「喫煙することで、胸のつかえがとれて不安が消え、頭が明晰に
働くようになる。集中できて、書き物も進む(超意訳)」

ちょうなぁ、いつも胸が苦しいンですね…。
心労は絶えないし、思うようにことは進まないですものね~(><)! 

でも、タバコ吸ったら「頭がクリアーになる(気がする)」のは
錯覚ですから(爆)それは軽い一酸化炭素中毒による脳の低酸素
状態が生み出す、一種の薬物酩酊状態。

ふつうに健康に脳が働くと、あれこれ同時にかんがえたり
処理したり、当然不安要因も数え上げたりの能力が、
一時的に低下して、ひとつのことしか出来ないから、
「集中した」ような気になれるのですね。

でもって、書き物が進むってトコは、まるで(博士)論文に
息詰まった修士みたいな姿で、すんごくソジンさんに似合う
わぁ(苦笑)私は嫌煙派でしたが、学生時代はそんな友人
いっぱいいましたからねえ! 似たようなことみんなゆってた☆

時代からゆって、ちょうなぁが愛用なさってたのは
煙管でありましょうが。原稿に行き詰まるソジンさんの
左手に紙巻きタバコ挟んでってのが、すっごいイメージだよ…(笑)


個人的に、煙管というツールが大好きなので、
ぜひぜひドラマの中で、ちょうなぁが、煙管をふかしておられる
姿を描いてもらいたいですっっ(大喜)
朝鮮時代の士大夫のダンディズムにも欠かせなかった
煙管の文化。
イサン殿下の粋なとこも見てみたいー!(笑)


お行儀イイ人なんだけど、私室でぼーっと煙管ふかしながら、
ちょっと目を眇めたりして。思いついたアイデアを
ささっと書きとめるときは、片手で煙管を支えず、
吸い口噛んだまま、筆を走らせたりしてさ~♪(萌)


タバコはキライだけど、小道具としては、最高にサマになるの
ですよねえ…。ドラマとか映画とか、小説とかにおいてはね!


いいなぁ。
青島くんからは「アメスピ」の匂い。
ちょうなぁの身体からは、どんな紫煙の香りが
立ち上ったのでしょうか…(うっとり)



で、この正祖の論文(の翻訳)をそこのブログさんで
読ませていただいたとき、ふっと、この方の死因について
思いついてしまいました…。

もちろん、毒殺他の暗殺説はと~っても信憑性ありますし、
ドラマチックだと思うんですけど。


意外に、というか、この人、肺ガンぽくない…?


もともと少し、呼吸器が弱かったような記述が、効能書きの
端々に見えるンですよねえ。


でもって、不規則かつハードな日常生活。生真面目な性格。
誰もが認めるヘビースモーカー。
ときどき暴飲。
心労、ストレス膨大にして絶え間なし。



喉に違和感とか、あったっぽいし…。

喉頭癌か咽頭癌が肺に転移して、若いから進行早かったとか~。


…きっとね、具合悪いの隠してたんだよ……(滝涙)




ぜんぜんドラマチックじゃない話に
なってしまってすいません<(_ _)>

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。