FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
09 * 2018/10 * 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/05
一夫多妻ってさ…
本日は、運動会前の前日そうじ当番にあたっていて、
2時間ばっちりドブさらいさせられてきました…(へとへと~~)

近所の小学校の校庭を借りてやるので。
周辺清掃をてってーてきにやらされるっす。

幼稚園の先生は容赦ないよ~~(笑)
てか、あの体力はすごすぎ…(>
今日だって半日こどもと運動会練習やって、
そのあとずーっと半日掃除してらっさる…。

アタシらPTAは、最後の2時間応援するだけなんだから
マシと言うべきか~~(でも難所はすべて残っている。
先生の数なんてしれてるしさ~☆)

小学校も一年に一回くらいは掃除しろよな(怒)
毎年、コレをアテにして掃除してないから、
側溝に溜まった汚泥に落ち葉は、一年分…(くらり)

見たくないモノもわらわら~っとたくさん見た(涙)

かわいそうな蝉のさなぎ。あんた季節おそすぎよ…(なにもドブに埋まらなくても!)あわれがってもっかい引き上げた土の中に埋めてやりました。

明日運動会。
その後も三連休は怪獣の用事が目白押しです。

疲れているせいか、妙に辛辣な印象をぐだぐだ書いちゃった、「イサン」1~6話の総括です。
(ソジンさんに問題はないと思うんだけどねぇ…)

「イサン」に置けるソジン氏の見所も、がんばりようもよくわかりました。だから、ファンにはきっと「買い」の作品になると思います。

しかし。

正直なところ、このドラマの視聴率が、お化け視聴率になったりは
確かにしなさそうだなぁ~と思います。この調子で60話続いていく
んだとしたら、逆についていくのが結構辛くなりそう…。

ただ、ソジン氏(の過去作品)人気に阿るだけで
終わっちゃったら目も当てられないと思うのは私だけですかね?

遊びも大概にしといてくれないと、本筋が軽く見られるじゃ
ないですか。…その本筋に骨太さが足りな~いっっ!てどゆこと?
ひとことでいうと、脚本に「?」です。

時代劇スキーを引きつけるほどの蘊蓄がない。
ビョンフンPDのドラマって、日本の漫画にたとえると、
少年~青年誌に載る蘊蓄漫画のノリでしょう?

たとえるならば「新谷かおる」。
読めば溢れる蘊蓄と知識と、構成でめまぐるしく魅せられる。
文句なしに面白い。…けど、何度も読み返す作品じゃないのよね…。
一言言い切り型っていうか、わかりやすいし、マニアにも十分に
満足を与えられる極上のエンターテインメントになるけど、
深みや抒情はさほどね…(苦笑)


「チャングム」が見事にはまったのは、アレ、主役のチャングムに
エピソードてんこもりだったわけじゃなく、実存の彼女の周囲に配された想像上の多彩な人物それぞれの人生が見事に織り出されていて、成功したんですよね~。チャングムのサクセスストーリーなのはほんの一面で、実は崔一族の興亡であったり、脆弱な王権であったり、宮廷生活の細部を彩る精密な描写(そこに生きる人々の哀歓とか~)があって、初めてあれだけのダイナミズムが生まれた。

ゆっちゃあなんですけど、「チャングム」って1~2話からめっちゃ面白いわけですよ…! やっぱりあんまり深みはないんですが、「次どうなるの?」とか、「どうしてそうなってるの?」ってこちらの興味を外さない。なぜか。小気味よく場面が切り替わって展開がめっちゃ早い。触れたいエピソードがたくさんあるから、かなり切りつめてぎゅーぎゅー押し込んで、バタバタ人が出てくる。そこが良かった。

今回の「イサン」の場合。
抒情性に挑戦して、シーンを長回しで撮るといえば聞こえはいいですが、正直私が見るところ、撮るべきエピソードの種類と数があんまりないように感じるンですよね…。イサンの事績をメインに追っていくと、
彼の人生に関わった限られた人しか出せないんで。

どんどこ事件で回すほど展開にめまぐるしさと変化がない。
謎もなければ、新解釈も出ず、脇を固める面子に目新しさがない。

特にジミンちゃんの衣装は
サイアクな気がします。
髪型、色目とデザインが、医女見習いのときのと
似すぎてますよ~;
茶母に見えません…。シンビにしか見えなくなるもの。
図画署のメンツもオールチャングムファミリーって、
無神経すぎ…(汗)

あとソジン殿下の衣装もちょっとクドい~~~。
補の刺繍は普段着にはついてないんじゃないか思う。
王になったら別だけど。
この方、顔に個性がありすぎるから、衣装はスッキリしたほうが
良いのですよねぇ。網巾にも刺繍とか、とにかく
色数抑えてあっても、総量が…(布地の質感もなぁ)
なにより許せないと思ったのは、この方に不可欠な
白襟の素材感! 誰もかれもがアイロンでくっつけたよな
同じポリエステル製~って感じのぺったんこな
真っ白半襟ってどうなの(怒) すんごい顔が
ぺらぺらに安っぽく見えますっっ。時代劇おたくをなめんなよ!
仮にも王さまなんだから、いかにも白絹って感じの
ふんわりした半襟かけてあげてよっっ。針房には専門の
尚宮さままでいらしたんですから、目にも美しい
針目がなきゃ嘘でしょお…。なうりでさえ、そんな素敵な
衣装をお召しだったのに~(悔泣)



ソジン殿下個人の力量や、
サービスショットくらいしか見るべきところが
ないドラマって、ドラマとして悲しい出来なのじゃ…?

あと、どうしても王様役なので、史実は無視できないですよね。
そうすると、一夫多妻にならざるをえない。
この人少ないほうですけどね。5人の妃に子ども3人て、
少なすぎるっちゃそうですけどね。(でもちゃんと男の子いる
あたりちゃっかりしてるかも…)

ソンヨンだけが心の恋人設定にしたのは、韓国ドラマの必須条件
かもしれないんですが、そうすっと、子ども2人生んでる
もう一人のお妃の存在ってどうゆう扱いになるの…(苦笑)

ドラマでは、ソジン殿下とジミン茶母の切ない身分違いの恋愛
を演出ってことになってますが、ちょっとキビシイんじゃないの~(鬼)変に正祖の貞節をウリにしないで、ふつーに王の義務と情愛、もしくは、それなりに浮気性な男の本質をちゃんと描いてもらったほうが
いいかな~と思ったり…。


…なんでって、たぶん後でまた出てくることになるだろう、女官見習いの女の子のことが思った以上にショックだったのさ…(ふ)


あのビジュアルで、しかもなまじっか一途で真面目な性格という設定の男の人に、心の恋人以外に、子ども。一人ならまだしも事故かもしれんが(え?)、二人ってあの~~~~!!! 弁護できまへんがな。。。


あぁ、なうりは偉大だったよねえ…。
オガァ以外、努力してみてもダメだったもんねぇ。
(手巾差し出すのはやりすぎじゃない…?
 それともこれって韓国の定番エピソードか??)


あの貞節を期待しても無駄なシチュエーションだとわかっているのに、
中途半端に添ったキャラなのがイカンと思うんですよ…。ふつーの男にしといたらええやん…。べつに心に何年も抱いてなくても、ソンヨンに一目惚れでも。それともなにか、ソンヨンが出産できなくなったから、仕方なく他の女に行く? あるいはそこにまた女同士のドラマが用意されているんだろうか…(それならべつにいいんですけどね)


たぶん、「王と私」との今の視聴率差って、その辺のミョーにお手軽な匂いを嗅ぎ分けてる韓国の時代劇ファンの正直な反応じゃないですかねえ。

嬖人は別として、うるさがたの時代劇スキーを満足させるものにはまだなってないですし、この先そうなっていくのも結構難しいんじゃないかなと案じているのでした…。

まだライバルも出てきてないのに、老婆心すぎます?(笑)

翁主はいーキャラなんですけど、私だったら、もっと早くに登場させるなぁ~。チョ・ヨヌさんのキャラも子役から出しますよ。なにも説明入れずに、生い立ちをドラマで描くな~。

で、いっしょにチビン殿下の父上と母上との日々を。

明暗対照しつつ、宮廷暗闘劇の裏側を垣間見せるのに翁主と重臣群を使い、ハッピーな王子さまと幸せな家庭で視聴者のイメージが出来上がったところで(できれば思悼世子に視聴者の共感が入るよーな真っ当な英祖への諌言とか進言とか成り行き描写いれてさ~~)それからおもむろにカタストロフで米びつ事件に入るけどな。

そこからチビン殿下の苦闘の日々よね?

子役時代、イサンたちスタンドバイミー3人組とニアミスするヨヌ子役。しかもきっちり期せずして、彼らを密告する流れになってたりしてさ~~~(笑)

一方で、いかがわし~い路地裏上がりのヨヌさんは、いつのまにやら
這い上がってきてて、最終的には翁主の亭主の毒殺シーンもコミで、気がつけば堂々たる士大夫になって宮廷を闊歩。

ぎゅ~~~っと緊張感を煽った上で、二人の登場人物を交差させるけどな!(爆)

「イサン」なら、「イサン」の時代のいろんな人の人生を描けばいいと思うんだけどね~~~。それらをきっちり丁寧に描写することで、もっともっとイサン殿下の人間味とか、時代に生きた人の存在感が増すことになると思いますし。

なにをどこまで書くかにもよりますけど、もし「官奴脾撤廃」とか「庶子登用」とか、「五軍営」立て直しを入れるンなら、それぞれの事情がよくわかる登場人物とエピソードが必要ですしねぇ~。そしたらもう60話でもキツキツ?(爆)正面から主人公だけクローズアップする手法ってどうもね。単調になるっていうか。色調とか弄って絵物語にする凝り方は悪くないけど、毒にも薬にもならない表面的な「愛」とか「正義」とか寓話処理で底の浅い予定調和は勘弁ですわ~~~~。いまのとこ、ビョンフンPDの手腕より、悪い面の方が目についてしまうんですよねぇ…。

せっかくのソジンさんの起用が…。
紙芝居の中でひとり奮闘、孤立無縁になったら寒い……。
(すでにその傾向ある気がして、余計気が揉めます;)

この方は、生きてる人間の芝居なさるんでね。
周囲は絶対、ステレオタイプの演技だけじゃ困るんですよ…!
止まってる人間アニメの中で、それじゃシュールな実験ドラマ
になっちゃうぅ~~~(><)!

お願いですから、記号でない人間の芝居を
全員で構築してください…! 「茶母」は荒唐無稽ファンタジー
だけど、ぜんぶのキャラがあの世界で「生きてました」。
人生のバックグラウンド背負って、あの場にいる一個の人間に
なってください、お願いします。
(ヨンノでもチボクでもオギョモさまでもないのよ…。
あなたの名前は違う人よね?
感じ方も考え方も別の人で頼みますよ~~)

プロット、脚本の構成というか、ドラマの切り口か?
そもそも土台の着眼点が、ちょっと弱かったんでないの~
ということが一番の心配(あわわ)

時代劇の最終的な大団円とか大仕掛けな予定調和は
拍手かっさい!なんですけど、ね…(溜息)


ライバルのチョ・ヨヌさんが次回いよいよ登場ってことで、
春日の批評がこの先外れていくことを期待しておりますよ~!(祈)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

あらら、イサン系記事は読むのを控えてましたが、意外にも酷評ですねー。
みてないのでどうだかわかりませんが、日本では実績のある作り手がハズすときは、序盤にもったいぶりすぎるときが多いですねー。ドラマも漫画もそうです。受け手が我慢しきれずに離れてしまって打ち切りとかね。
これからよくなるといいですねー。
小茂根 [URL] 2007/10/06(土) 22:26 [EDIT]

>小茂根さん

春日は嬖人なんで、ソジン殿下のこととなると点が甘くなるに決まってます(笑)指切りしちゃった小茂根さんと同じです。あばたもエクボに脳内変換してみせますとも!(爆) 

しかーしっっ。
それだけに期待しちゃった今回ドラマは、なにがなんでも名作になって欲しいというファン心理が、きっと点を辛くさせてしまうんじゃないかと…。(キャラ萌えとストーリー批評は左右別の脳で判定しているせいかも?)

ふつーの時代劇であれば、十分に高水準だと思いますよぉ~!しっとりしみじみした風情と情趣と宮廷文化の香華ってもんが画面の端々に滲んでます。ただそれだけで60話じゃこぢんまりしすぎてもったいない気がしますし、政治を描くってんなら、どうなのかなぁ…と思うだけで; 求めるものが多すぎる、我が儘なファンでした(苦笑)

同時進行に「ヨンさま記」(定着させる気だな?)だわ、「王と私」だわ、正直キャストもスタッフも手が足りなくてアタリマエなのかも~。なにもそんなときに大作ぶつけなくたって…万全の環境で、万を持して…なんてつい思ってしまったり~(苦笑)

ま、あくまでチラ見の印象なんで、先入観は持たないでいただくといいかな~(酷いな!)、これからぐいぐい骨太に引っ張ってってくれることを信じて待ちます~~。
春日 [URL] 2007/10/07(日) 13:01 [EDIT]

春日様、こんにちは。
この記事、一夫多妻ってさ…?と思っていましたら、そのあとに続いたのですね。気づきませんでした。
その前に幼稚園行事ご苦労様でございました。子供の幼稚園、随分昔のことで、私もう忘れてしまいましたが。若くないとこなせません(笑)
ある時、うちのワンコとお散歩の途中、(いつも空想は、犬の散歩と出勤の車の中なのですが・・・)
6話、数々のイサン殿下の表情をみてから、このドラマ、こんな風にソジンさんの表情で進めていくのかしら?と・・・。このままだと、かなりの深みをソジンさんが出さぬ限り、きついな!と思ったことは事実です。このドラマってイッタイだれが引っ張ってんの?
紙芝居の中でひとり奮闘・・・とってもわかります。
私としては、もう早くも、ソジンさんだけを見る楽しみにむいてるとこあります。それって早合点でしょうか?そして、ソジンさんの世界は、ここにはないなとも思い始めてきました。
それでも、これから、正妻も悪役も参謀もでてきます・・そうするとドラマにもっともっと深みがでてくるのでしょうか。
史実によりますと、ソンヨンがふたりめ子供を生み
それで、なくなってしまいます。そこのところのジミンさん、どうなるのでしょうか・・・そのあと、次代王を生む彼女が出現!?
私もイサンの衣装の刺繍を少なくして、茶の鉢巻
(あれ?なんというのですか?)の刺繍ものけて欲しいです。ソジンさん、顔が小さいので、あれがあるとなんだかすっきりしなくて。それにあの鉢巻姿は、
「チュモン」イルグクssiの二番煎じに思えます。
えりん [URL] 2007/10/07(日) 16:32 [EDIT]

>えりんさま

では。前半のヒロインがソンヨンで、後半は彼女…という感じなのですかねぇ? 隠し球なのか…(苦笑) でも世子は夭折、第二子も名前みないくらいなら死産…? 生まれ変わってもあまりに厳しいなうりとオガァの縁、みたいな…(だから違うって)

もしそういう史実どおりなら、この場面は凄まじいことになりそうですよ、ね…(><)!

それにしても、早く周囲に密に殿下と絡む人物が出てきてくれないと、いくらソジンさんでも間がもちませんよねぇ!(爆) ファンは楽しみありますけど、さすがに60話もそんなん繰り返されて、うっかり飽きちゃったりしたら逆にPDを恨みますっっ!(笑)

>ソジンさんの世界はここにはないな…

あぁあ!(TT) なにげにえりんさまもそのように感じておられます? こんなに殿下がんばってらっしゃいますのにねえ…(><)! 英祖役のスンジェさんすら、肖像としてのお似合い振り以上の人間的深みというか、ドラマ性が薄くて、苦労しておられるように見受けられます…。正直、キャラの解釈というか、掘り下げ方と見せ方がうまくいってないんじゃないかなぁ~と。ソジンさんには、さらなるステップとなる良い経験だと思ってましたが、意外なほど紋切り型で学ぶべきものが少ない現場な気がします、よ…ね?(汗)

あぁあ、こんなに待ってた史劇なのに…。

こんなことしか言えないワタクシをお許し下さい、殿下…!(殿下のキャラは好きです…)

テスが殿下のお側についてくれれば、また男の世界が広がってもちょっとなんとかなるかもしれない…。

とにかく、ソジン殿下の表情変化だけで60話つなぐなんて無茶苦茶すぎますよねー。人が空飛ぶより無茶ですっっ(え) 早くなんとかしてくれないと!

網巾にも赤い竜の刺繍とかついてて煩いくらいですよ、ねー(涙)
あの赤紫の鉢巻き、凛々しくてよくお似合いではありますが、やっぱ何度も続けて見ると、クドいですよねえ。なるべくすっきりさせてもらって、ときどき刺繍つきの正装が出てくるくらいにしてもらうのがベストだと思います~。 おー、「チュモン」ですか! 言われてみればそうですねえ…思いつきもしませんでした…(乾笑)
春日 [URL] 2007/10/08(月) 00:04 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。