FC2ブログ
SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
09 * 2018/10 * 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/02
対象者なんだろうか…?
本屋で「韓流ぴあ」の表紙をチラと見たら、
「イサン」の文字が…!

だいぶ抵抗ありましたが(なぜ)
欲望に負けて中をちらっと覗いてきました…。
ま、ゆーまでもなくメインの巻頭は
「ヨンさま記(笑)」です。

で、「王と私」と並べて一ページずつ
特集記事が組んでありました。
しかし、こんだけネットで手軽に、瞬時に情報サルベージ
できる時代になると、雑誌の情報源としての価値って
キビシイものがありますね~~っ;

写真の、保存価値を見いだすくらいしか
ないんじゃないかしら…?

どういうふうに扱ってあるか、ちょっと期待して
覗いてみました。日本で放映が決定しているわけでも
ないし、そういう意味では「イサン」も「王と私」も
日本のファン向けとして、とってもコアな層に
訴えかける記事ですよね…(笑)

ちなみに「イサン」のキャッチコピーは、
『注目されるイ・ソジン時代劇復帰作!』

…それだけか…?
それだけなのか……!!!



ちょっと考えて、この雑誌の購買対象者には、
アタシのような人間も入ってるハズなんだよなぁ…と、
少し遠い目。


追記

6話を迎えて、また視聴率も上昇してるよーで(善哉)
…ふ、みんな正直ねえ……(笑)
PC視聴はバッファが厳しくなりそうですが、
トライしてらっしゃるみなさまがんばってください!

ところで、確か録り貯め10話でスタートするって聞いてたんですが、
いま7~8話撮ってるってホントですか…(滝汗)心臓痛いよ…!
ジミンちゃんの体調も気にかかるところですし、
でずっぱりのソジン氏にもプレッシャーありそう~。

そもそも脚本はラストまで上がっているんだろうか…(黙)
チャングムんときは、収録の2~3時間前に毎回台本渡される
ってヨンエさんゆってた気がする(アリエナイ)

今後はどうか順調にいきますように…(なむなむ)


ところで地上派「朱蒙」はどうなったんでしょう…。
録画別のドラマ撮れてるし。打ち切りなのか?
文句言いながら見るのが楽しくなってきたのに(爆)

スポンサーサイト
この記事へのコメント

春日様、こんばんは。
「韓流ぴあ」ほんと!がっかりでした。
買う気満々だったのに、なんだこりゃ?の世界。
ヨン様は仕方ないにしても、イルググssiもんのほうが、扱いが大きいなんて!!まあ、いいけど・・・
無駄なお金使わなくてよかったから。それにしても、ほんと読者を何だと思ってるのかしら、もっと、突っ込んだ記事はかけないのかしらと思ってしまいました。
えっ?今、7~8話撮ってるんですか?
PDの怪我やジミンさんの病気でかなり遅れてるんですね。
で・・・正祖早くしてなくなったので、その死は謎みたいです。PD、ラストはまだ決めてないようです。
えりん [URL] 2007/10/02(火) 20:29 [EDIT]

>えりんさま
こんばんはー! 今日のイサン6話、紙芝居になったらイヤなような嬉しいような…微妙なファン心理ですよねっっ(笑) しかしなんでこんなに遅い時間なんでしょ? R15ってホントでしょうか。血が流れるシーン多いからなのか、それとも後半は濃厚なラブシーンとかあったりして…と、無駄にどきどきしてみたり(苦笑)

そーなんですぅ~~>「韓流ぴあ」!!!!
イルグク氏、すんごいプッシュでしたわね(><)
ま、しょうがないんだけど…

日本では、国営出版以外、まず出版物で
お目にかかれないソジンさんですから、
ちょっと期待したんですけどね~~(TT)

っとに「なんだこりゃ?」な記事。
興味ない人が見て興味わくとも思えないし、
ましてファンなら…ちょっとお~~:-)って、
喧嘩腰になりますよね?!(苦笑)

どっかで見たネット記事のつぎはぎって感じ。
しかも、なぜ使う写真がアレなのか。
せめて殿下のアップスチール使ってよ(ぷんすか)

ご本家MBCサイトの予告含め、
最近『ユン部屋』をうろちょろしてるせいで、
自分がどれほど濃い(こゆい)のか、
うかつにも自覚してませんでした…(汗)

しかし、ユン嬖人さんたちの書き込みの翻訳を
見ていると(掲示板はウェブ翻訳できるんですね…。ユンの生い立ちとかはダメなのに…(TT))、オタクに国境無しとしみじみ思いました~(爆)

えっっ。
せめてラストへの謎解きだけは決めて始められたんじゃないかと思っていたのですが…(滝汗)PD,流れの中で決めるおつもりだなんて、チャレンジャーですね……(だだだ、大丈夫なのかな!)

それにしても、「おまえなんか早く死ね」と命を狙われ続けた孤独なサン殿下には、たった数日のソンヨンちゃんのことだけが大事な想い出だなんて、七年はオガァと一緒にいられたなうりより不憫…(TT)
再会したとき、彼女が美人でよかったっすよねえ…(しみじみ)
春日 [URL] 2007/10/02(火) 21:28 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。