SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
10 * 2007/11 * 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/30
こんな時代もあったね…と♪
世の中に「ねこ鍋」というものが流行りまして。

人間の美人より、ねこの美猫の方が好きだという
くらい、まだ人間になりきれない家人が
お腹いっぱい動画を貪り、そこで見つけてきました。


これです


うちの怪獣があかんぼだったころにそっくりな
子猫(笑)寝汚いとこまで似てる(爆)


実はジジババにもらった動物絵本の中に、
やっぱり長毛種(ペルシャかチンチラ)の
子猫が載っておりまして。


これの鼻ぺちゃどんぐりまなこが
もうもう、くりそつ~~!(><)で、
一族郎党に笑われまくった我が家の
怪獣(当時1才前後)


そっか~。私は猫の子を産んだのね…(苦笑)
スポンサーサイト
11/29
「茶母」つれづれ小ネタ 4話補足
「イサン」の衣装、やっぱり殿下のご装束はいつも
新品なのでございましょうか…(笑)

せめて街へいらっしゃるときはもうちょっと目立たない
服でお出ましになったらいいのにと思います;

あまりに艶々シルクというのもどうかと…。
ナム内官も目立ちすぎです。


そういう意味では、「茶母」は安心して見られますね~。
衣装のトーンがちゃんと統一されてます。
え、なうりの身分が軽輩だから??

…そうかもしれんね(苦笑)


つづきを表示
11/28
「イサン」第22話 (ネタバレ?)
韓ドラといえば、役者さんの「いかにも!」な表情に
感心することしきりなんですが…。

マイケル・ムーア監督の「ボーリング・フォー・
コロンバイン」を見たとき、

これをやられちゃったら、どんなフィクションも
色褪せるなぁ…と思いました。

徹底的に映し出される、本当の本物、本音の

顔、顔、顔!!!


カメラの無機質な視線が淡々とさらけ出す
人々の表情のどす黒さっていうのか。


現実以上にダーティなことはないのよねぇ。

ナレーションもほとんどありませんが、
映画の中に登場する、会社名なんかにちょこっと
予備知識があったら、なんつーか、
すさまじくあの国の本質がよくわかるという。。。


しかし、この監督よく殺されないよね?(苦笑)


というわけでっっ。
イロイロしんどいけど22話、さらっといってみましょう~。
つづきを表示
11/27
「イサン」第21話 (ネタバレ)
ふおおおお~~~(TT)

今回は一段とまた言葉が厳しかったデス。
つーか場面状況以外、ほとんどわかりません。

俳優サンの表情みながら勝手に台詞つけてますので、
そこんとこ了解よろしくです。


しかし、今日の続き見るの気が重いわ~~。
いや、しばらく殿下の天下だったから、
そろそろドーンとくるぞと思っていたけど、
予告画面で見せられたら予想以上にキツっっ(><)


なまじサナ殿下いい人だから、こっちは母親か祖母な
気分に☆あんまし虐めるのヤメテ欲しくなります。
かわいそすぎるぅ~~~(うるる)


早く苦悩が色っぽい大人の男になってえ~(おい!)


ネタバレさんで補足してきましたので、追記アリ


つづきを表示
11/26
男祭り~♪(笑)

「オールイン」のときもそうでしたが…。

恋愛メロドラマと世間に謳われているドラマを視聴
したら、じつは全然主眼はそっちじゃないやん!
と思う作品も結構あります。

「インファナル・アフェア」シリーズとか
アクションハードボイルドとか、昔から
大好きなので、男祭りは大歓迎ですよ(爆)

つづきを表示
11/25
本日のなうり考(笑) 衣通(そとおり)
日本の古代史に「衣通姫(そとおりひめ)」の故事があります。
その美しさをして「衣を通す」と呼ばれた美貌の皇女が、
同母の兄皇子と恋に落ち、罰せられて兄皇子は大兄(ひつぎのみこ)
の位を追われるという物語。

設定的には、オガァとソンベクのことみたいなんですけどー。

なうり嬖人の春日には、オガァとなうりの仲の方に
ダブる気がするんですよね~~~~。

つづきを表示
11/24
俳優サンのみどころ
ヴィジュアル商売なんですから、どんな俳優さんであれ、
女優サンであれ、「顔が命」でございます。ええ。

美人あり、美男あり、男前あり、、、。


ワタクシ、別嬪さんには格別思い入れがあるんですが。

いまでも心の一番は夏目雅子さんなのよぅ~~。

つづきを表示
11/24
MVとかとか☆
本日、怪獣の発表会でした。
なんとかビデオとって帰ってきました。
家人仕事なんで…(汗)

こゆの見てると、怪獣に役者の才はないのぉ~と
思ってしまふ(苦笑)

つづきを表示
11/22
イサン第20話 (ネタバレ)
昨日、寒風に震えながらネズミーシーに行ってきました;
帰宅途中、シャレにならない出来事があり、
生死の境はまさに紙一重だぁ…としみじみ。

10話、オガァが現世に戻ってきて、心洗われるように
清々しかったなうりのお気持ちになったような気分で、
なるべくまじめに心正しく生きていこうと思いました。

なむなむ。

というわけで、一日遅くなりましたが、「イサン」20話の
ネタバレレビューいきます♪


つづきを表示
11/22
イサン第20話
昨日の鬱積を吹き飛ばす勢いで、本日サナ殿下の
満開笑顔あーんどくっきりえくぼを堪能。

なんかソンヨンのことクギョン図画署の
長官にゆわれて、
ヘン~な感じに唇とがらせた殿下に爆笑。

なにか気に入らないフレーズがあったのかな…?

暗闘劇の合間の、寓話部分にあたるのでしょうね。

奥さんとこはスルーだけど、女友達のとこには
足繁く通う世孫殿下の正直さに。。。ぷぷぷ。


「ソンヨンとテスは私の友達だ」


って言うときの台詞「とんぶ~」の大事そ~ぅな
台詞回しと一瞬のタメがなんともいえません(うるうる)


い~いお顔がいっぱい拝めたのであまり煩いことは
言いたくないし、世孫下ろしの連中にしてみれば、
摂政東宮をどんなスキャンダルででも消し去りたいという
気持ちだってわからんでもない。


ないが……。


大の男がよってたかって茶母ひとりにそこまでするかぁ?(汗)


フギョム、あんたまともに仕事しな(ぽつり)
だから国が傾いてるんじゃないの…。
デキるヤツは、陰謀こねる暇があるなら、その分
まっとうに働くべきだと最近思うようになりました。うむ。



で、本日の叫び。
ひょっとして、これは禁句なのかもしれませんが。


ソジンさん、運動して~~~~(叫)
顔が、顎のあたりが、ちょっとヤバいですぅ~~~~~。
時間がないかもしれないですけど、普段鬼のように
運動してる人が動かないでいると代謝が悪くなるのよ~~~。
スタイルとお顔立ちに危険信号~~~~~~。
ジョンウンさん、食べさせすぎたらダメよぅ~~(TT)


はあはあ…。
ちょうなぁでお髭がついたとき、あの素晴らしきなうりの横顔を
もう一度拝むまではっっ。

いっそ公式いって叫んでくるか…(ぐるぐる)













11/20
行きつ戻りつ
何度もおなじことばかり書いてる「茶母」記事ですが…(笑)

ドラマと同じで、なんど見ても書いてても、おなじところで
じわじわっ…と泣けます; 不思議ですね~~~。

あ、なうりの手のこと書いたら、
イサン殿下のことも書かなきゃ!(笑)
19話に思い切りサービスカットありました♪
英祖のおでこの手拭いを盥で濡らして冷やしてあげるとこ。

この方、ほんとにしぐさと手指が綺麗ですぅ~~~。
いまさらですが。

公爵家の御曹司サー・チャーチルは、毎日美しく爪が磨かれて
いたといいますし、日常生活に手を使わない上流階級の人か
どうかは、まさに手を見ればわかる時代ですよね^^;

顔だけじゃなくて、指まで若く見えるのは照明のせいなのっ?!
なうりのときは、アップになると、ちゃんと武官の、
刀使う固そうな掌に見えたんだもん。。。<(細かすぎる)


そうそう、あんまり寒いのでどこも行きたくない…(笑)
明日ネズミの国になんか行きたくない…(涙)

自分だけの愉しみのために書いてる二次創作ですが、
いつもとあまりに勝手が違うので不思議に思っていたところ。

普段は脳内妄想画像をそのまま文字に書き起こすだけ。

もちろん「茶母」の場合も、そう。監督版の画像でキャラを
動かしているつもり…なんですが。

なんか書き上がった文章読んでると、自分の頭に浮かんでくる
映像イメージが違う…? え、なんで???


答えは簡単。


台詞が韓国語じゃないから(泣)


頭の中のなうりとオガァは当然そじんなうりとジウォンオガァで、
あの声で台詞回しでしゃべってくださってるんです。でも~~。
春日は日本語しか書けないため、当然文章は日本語です。


それでも、最近ソジン殿下を聞いてるのと、なうりの台詞は
ついに日本語訳をなうりの地声で脳内に響かせるくらい聞き込んで
いるため(ここ、笑うとこです☆)、なんとかできるんですが
(まあ、寺杣ボイスにならないように用心は必要)


オガァの台詞がどうしても日本語だと、あの吹き替え声に
聞こえてイヤ~~~~~(TT)


じつはウォネもちょっと厳しい(汗)



どうも、フィルム映像でなく、ついアニメっぽい画像が
浮かんでしまうのは、日本語吹き替えの
呪いのせいでした(ばったり)


別の自前のキャラになっちゃったほうがマシだな~~;


11/20
イサン第19話 (ネタバレ)
ユン部屋から、一時的にちょっとお借りしてきました。

みなさんに見比べていただきたくて…。

常々いわれていることですが、ソジンさんてオンとオフの切り替え
激しすぎ…(苦笑)

ふつー、スターって私生活もスター演出をしようとするものだと
思いますが、この方スターじゃない、つくづく「役者」さんだわと。。。

舞台俳優さんとかこんな感じの方いますけど。


sojin

つづきを表示
11/19
本日のなうり考 なうりの手
今日は「イサン」の日~♪
楽しみというより、殿下がまたまた追いつめられそうで
心配で胸がどきどきしまふ☆

楽屋顔で、ソジン氏とジミンちゃんの
まるで飼い猫とじゃれ合うみたいなやりとりを
見ちゃって妄想ぐるぐる…(笑)

年離れてるからって、ソジンさんやりたい放題なのでは?(汗)
がおー。とりょんにむはあのようにチェヒを引っ張って
転がしていたんですか(違います)

チョハ~って意識して固まる彼女じゃなくて、
出会った頃の子役みたいに、「サナァ」と
天然で弾けるソンヨンがみたいかなぁ。。。

それでこそ殿下が惹かれる理由がわかるって気がします。

「へへへっ」てな笑い方して殿下のカックン(笠の紐)で
遊んでるジミンちゃんのスチール、すっごい好き~です♪
殿下もソジン氏とチョハのちょうど真ん中くらいでない?
このくらいなら、劇中でも許されると思うわ~~~。

つづきを表示
11/19
なうり考に代えて その4
お待たせしました~♪ 忘れた頃にやってくる
二次創作、「星宿」の続きですvv

調べたこともありますが、基本妄想ですので、
細かいところは流して読んでくださいね(笑)



辛口で有名な女流評論家サンのイ・ジェギュPD評を
読みましたが。。。

これも大いなる”反語法”よね~^^

『ファッション’70』の辛辣な批評を並べながら、
結局『茶母』の大絶賛になってる気がします(笑)

ていうか、ひょっとしなくても嬖人サンですか?

ドラマの感じ方と好みのツボ所が似てるっぽくて
ぜひお話を聞いてみたいと思いました。

この女流評論家さんも、絶対、なうり嬖人(爆)

『ファッション~』は見てないのですが、主演が元
ユン役キャストの方っちゅーことでスチール見ました。
うむ、イ・ジェギュ監督の乙女チック路線健在。
ていうか、ホントビジュアル世代なのね~~((^^;)

立ってるだけで痛々しい雰囲気のある男前(笑)
若い頃の渡辺謙みたいな役者さんですわ。
さすが、なうりに押されただけあるぅ~☆確かに、
素顔がにぱ~のイ・ソジン氏を起用するのはさぞ
勇気がいったことでしょう。この人とそじんソンベクで
「茶母」ができてたら、これまたずいぶん本格派の
ドラマだったかもしれませんね。地味だけど(苦笑)

もちろん、運命の女神さまの采配を感謝してるワタクシです♪

「プラハの恋人」も字幕なんでちょろっと見ました。
女優サンがいまいちですが…; ミンジュン氏ハンサム~♪
声と台詞回しが一段とお上手になられて…、表情に、もちょっと
変化ついたらいいね。いまはそんなこともないのかな?



つづきを表示
11/18
茶母つれづれ小ネタ 4話より
昨日のなうり考、いまいちなにが言いたいのか
よくわかんなくなってたので、一旦降ろします。

考察って難しい;
つづきを表示
11/17
本日のなうり考(笑) 愛と野心は両立するか?
ほんと言うとこの辺ちゃんと物語にした方が
わかりやすいと思うんですけどね~。
場面書き起こすのめんどくさいから、なうり考で。

ちょうど昨日の記事に、おもしろいコメントを
いただいたりしましたので、
考察してみます。
つづきを表示
11/16
茶母つれづれ小ネタ 3話より
う~ん、この雨の修練場面でかかってる
「アダージョ」がすごい好き…。

ヴィスコンティ映画みたいな音の重たさです…。
つづきを表示
11/15
イサン第18話(ネタバレ)
ん、ん~~~!
17話から一転して再び宮中暗闘劇。
台詞主体になると厳しい~~~と思いつつ。

なんちゃってレビュー行ってみます。



追記

さ~っぱりわからなかったクギョンさんとフギョムの
やりとりなど、駆け引き部分を中心にあらすじサイトさま
を参考にさせていただいて、加筆訂正しました。
つづきを表示
11/14
イサン第17話(ネタバレ)
さ~、風雲急を告げる展開…。

というわけで、17話思いっきりネタバレです~(笑)
つづきを表示
11/13
理想の絆 
色恋沙汰も君臣の交わりも、つまるところが
人が人に惚れるかどうかってぇことじゃないでしょうか?

人は自分に似たものを愛すると同時に、
自分にないものを持っている人間に惹かれます。

互いに補い合いながら。

そういうとこがたまんないのよねぇ…!(笑)

イサン17話、ネタバレあらすじはおいといて、
とりあえず、萌え話をちょっと(爆)


*注 管理人は腐女子あがりのため、ナチュラルに同性間の
   惚れたはれたを口にします。ダメな方は回れ右して下さい。

つづきを表示
11/12
王さまの一日~♪
「朝鮮王朝の衣装と装身具」の本に、おそらく朝鮮王朝
後期と思われる王さまの一日のスケジュールが書いてありました!

ので、ちょっと御紹介しますね…。


きっと英祖の執政(日本的に言うと摂政東宮)を
こなしているチョハも、おなじよーなスケジュールで
暮らしておられたと思われます。
つづきを表示
11/11
「茶母」つれづれ小ネタ 2話より
本国の茶母嬖人さんたちによると、
「イサン」の邸下に、オガァを添わせるコラージュが
流行っているそうな……。

うぅっ…(TT) どこまでも嬖人てイタイな……

16話のジミンちゃんの涙シーンで、
4話のオガァの涙(ピョンテク家から出てきたとこね)を
思い出しちゃいましたよ~、アタシも~~~(伏)


現物を見たことはないんですが。

今のイサン殿下の隣りだったら、
ファンジニのときのチョクチンモリ髪(うしろのまとめ髪)
姿のチニがい~な~~~☆

迫力!のカップル?(どっちもゴーカな衣装だ)

いやー、ま、あの鬘姿のチニには、いまのチョハでも
負けると思いますが。。。
お髭がないと!(笑)


こちら


こちら


やっぱり、殿下の隣なら、こちらでしょ!
(ジョンハンさまも素敵ですが…ごめんなさい(土下座))



うまく画像が表示されなくて…無理矢理です~(><)
つづきを表示
11/10
茶母から育った三人
録画してあると、何度も確認できて、いーいですねえ(ご機嫌)
リアルタイム視聴で紙芝居だった部分もちゃんと見られます。
嬉し~~♪

春日のネタ元は、

1 自分が観た動画をもとに想像(妄想)したレビュ。

2 あらすじサイトさまを参考(特に政治的な場面では、
  頼りにさせていただいてます)

3 ソジン氏ファンの方のブログ (いくつかあります)

4 ユン部屋

5 ウィキペディア

となっております~~。


ご挨拶させていただいている方のブログでお借りした情報は
明記するようにしてますが、こっそり通わせていただいている
先様のブログを勝手に御紹介するのも障りがあるかと思い、
伝聞情報であることだけ、わかるように書いています。

たぶん、「茶母嬖人」でユン嬖人の方には、どこで見てきた
情報かはきっとおわかりいただけてるのでは……(笑)

まだまだ、なうりことソジン氏は知る人ぞ知る、の韓国俳優さん
ですからして(苦笑)

でもっっ。もはや本国では、
知らない人はいないレベルですよね?
ねっっ??

すごぉ~い~~~~。


ジウォンちゃんも、「ファンジニ」を高く評価され、
今年の「アジアのアイコン」に選ばれて、
フェラガモのショーに招かれたっていうし~~~。
(各地域ごと、政治、経済、文化の貢献で
目覚ましい1人を毎年選出するそーです)


ミンジュン氏も、自分の殻を破った異彩の作品に
挑戦後、今度はひさびさの時代劇とか~~~。
顔だけじゃないといいたいがんばりは拍手もんですが、
花の盛りは短いものなのよ~~~?
花美男のうちに、うーんとその花楽しませて
くださるのも大事なお仕事だと思うわ~。
(ブラピみたいなこと言ってないで、綺麗ドコ頼みます!)


「茶母」が世界で公開されるほど、
いろんな国の人たちが三人に目を留めるよね?
ね?(笑)


大丈夫よ、私は嫉妬はしません…から…たぶん…(苦笑)

うちの監督版のなうりで満足してるし…
次は「無影剣」がくるし…

生ソジンさんが私の生活を脅かしたりはしないはず…
(雲行きかなりアヤシイ)

つづきを表示
11/09
こんなのどうですか?
ハマる傾向というか、趣味嗜好が似てるな~と
感じる方で、さいきんこっそり通わせていただいてる
ブログさんがあります(日々オタクに余念がない)

大変たのしく読ませていただいていたらば、
とある衝撃の事実をネタバレしてしまいました~~ん(>_<)

フ○が第一部だかで地上波打ち切りやがったせいで、
尻切れトンボの『チュモン』!

まあ、あんだけ文句たらたらゆっといてまだ見たいンかと
言われればそれまでですがっっ(苦笑)

主人公たちはわりとどーでもよくて(サヨンとウテは別にして)
イチオシのクムワ王さんとユファ妃のその後~~~~~!!!!


…そ、そういうことになってたんですか……(がくり)


うわぁん、哀しすぎる~~~(TT)
クムワ王の情念の濃さは、まさになうりに匹敵ですわぁ。

というわけで、本編さぼっていきなり別の二次創作を。
クムワ王、ユファ、ヘモスのトライアングル、
「茶母」の設定でパロってみました。

…どない?
つづきを表示
11/08
本日のなうり考(笑) 親愛と友情と恋情の境目
なうり考でやっていいのかぁ~?
カテゴリ的に、イサンじゃないの~と思わなくもない。

でもやってしまえ!

なんかもう、サナ殿下となうりを比べてみたくて
しょうがなくなりました(笑)


しつこく16話の邂逅シーン解釈(くどい)
つづきを表示
11/07
イサン第16話(ネタバレ)
どーも、夜遅いとツライので、ついに録画に挑戦してみました。
無駄にどきどき。
起きて動作確認してるから意味ナシ(笑)

そして夕べは念のため平行視聴して、ついでに録画確認と
いう名目で気に入った部分をリピート。結局夜更かし。

ダメじゃーーん(TT)


つづきを表示
11/06
イサン第15話(もっとネタバレ)
また、あらすじを読ませていただいて、
いろいろ謎というか、細かいところを理解してきました♪

…にしても今日の放送おおごとじゃないです?!
ちょっと予測してなかったぁ~~~(汗)
つづきを表示
11/05
イサン第15話(ネタバレ)
たったいま視聴終了してきました~!
今日はすんなり画像キレイでした(笑)

殿下のうつくし~動きも堪能vv

「あにだ!」でパッと右手を上げてナム内侍を遮ったとこ、
すっごいフツー(普段)の仕種っぽくてびっくり。
なんですか、この自然体さは~~~。


で、これだけは叫ばせてください。


15話は、
「レッツ、みんなでテスやを裏口合格の巻」(爆)
つづきを表示
11/05
やまざきまさよし!
またしても「SONGS」ネタ。
あの番組は、懐メロのカバー曲を出したかどうかが
選定基準かなぁ?

さすが国営(笑)

ちなみに夕べ記事を更新したのに、サーバが混んでて
吹っ飛ばされました(悔)

コピペっといたからまだしも~~;
つづきを表示
11/02
邸下のひととなり
昨日は、正祖大王の255回目のお誕生日だそうです…☆
よいですね~。
死んだ後も誰かが思い出してくれるってゆーのは、
ご自分の努力を誰かがちゃんと見ててくれたって
ことじゃないですかぁ。

いろいろ生き急いだ感のある正祖。
真面目な人だったんでしょう、スゴク。
つづきを表示
Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。