SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
05 * 2007/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/27
本日のなうり考(笑) 相似形
 ずーっと、ずーっと考えていたことがあります。
 1話冒頭の四阿で、オガァとアイコンタクトしたシーンからなうりに転んで(ていうか、ウォネが来たので目を伏せた顔がさぁ~、なんかこう、この人…な匂いがするぅ…と思った☆)。

 ひとつには、蒼月さまが指摘されるところのなうりの被虐気質。
 単純にマゾヒスティックというには、ちょっと違和感があるんですが…。春日のむかーしからの個人的嗜好だけで言うと、どうせ虐めるンなら、いじめがいのある人がいいわけで、意地っ張りで心身共に頑強な人がタイプなんですよねー(笑)。

 
つづきを表示
スポンサーサイト
06/26
本日のなうり考(笑) オガァの去る日 
言葉の壁について、こんなに真剣に考えたドラマ(映画)
もないです~~~。

外国の作品は、やっぱり字幕派なんですけど
(キャスティングされた役者さんの生声を聞きたいから)

その字幕についてあーだこーだゆったりも
したことなかったなぁ…。


『七人の侍』リマスター版を買いましたけど、
日本人でよかったと思いますね。これの
英語字幕でも見てみるかあ…。
つづきを表示
06/25
なうり考に代えて その2
アニメの新作は、DVDレコーダの番組表でチェックして、
とりあえず録画したものを休日に流し見。気に入れば
連続して見ますが、いまのところ楽しみにしているのは、
「のだめ」と、「おお振り」と、「銀魂」。
怪獣のリクエストは「ドラえもん」と「ポケモン」と、
「ケロロ軍曹」で、親もケロロはつい見てしまう…(笑)

で、自分だけの趣味で撮ってはまりつつあるのが
「地球へ…」。竹宮さんの原作は未読だったので、
ちょうどいいや…と。アニメ絵が今風にソフィスティケート
されて、竹宮さんの原画にある独特の艶めかしい色香が
あんまり伝わってこないなー…なんて最初思ってたんですが。

キースが(これも黒やんの声の人だ☆)成人したら、
イスマイル(@天馬の一族)ばりの
キリキリ軋むよーな鋭角さ(つまりは歪みか)を
備えた見事な作画になっててノックアウト(爆)

そこはかとなく備品とか背景まで妙に深読みできそうな
配置なんですよねぇ…(あはは)

いずれこのキースがオープニングのよーなメロな展開
(韓流表現に基づく)になっていくのを楽しみにしてますvv


さしあたり「茶母」のレビューは一段落しましたので、
ときどきコネタのなうり考をはさみつつ、序章だけで
ほったらかしていた二次創作『星宿』の続きを
すこしずつ連載していこうかなと考えております。

ブログで小説書くのは初めての試みで、正直とまどっておりますが。
さしつかえなければ、おつきあいくださいませ♪
つづきを表示
06/24
本日のなうり考(笑) 想いのはざま
今日の日曜版に、ばばーん!とそじんさんの「恋人」番宣が載ってて
きゃーきゃーゆってしまいました…。

ノーカット字幕版だそうですし、スカパー!放映後はレンタルビデオ
に出てくれないかしら?(まだ「火の鳥」までしか出てないですよね?)
さんさくさまのお話では、そじんさんのガンジェ役、かーなり
見所多そうですし(笑) 世間とズレたやくざのおあにいさん
なんて、好みな設定だぁ。女優さんは相当エキセントリッキーな役? 
相変わらず、ヒロインに振り回される男の人の役が
とってもお似合いですね、そじんさん(爆)


なーんて軽いノリで導入しましたが、本日は最終話レビュにて
宿題(?)になっていたソンベクのなうりに対する台詞、
『愛しているのか?』なのか、『愛しているのだろう?』
なのかという解釈について、一応決着をつけてみたいと思います。

ゆえに、最終話バリバリのネタバレです。お気をつけください。
つづきを表示
06/22
本日のなうり考(笑) ただひとつの真実
ネットの海に藻屑と消えた記事を思い出しながら打つのって、
オチの滑ったギャグを2回繰り返すくらいなさけない……。


7話の追記として。
つづきを表示
06/21
茶母(チェオクの剣)7話見ました! 
ようやく最後のレビューまでこぎつけました…!(ぜはー;)
ドラマのレビュって初めてで要領がよくわかんなくて、
あちこち飛躍しまくったおかしな記事になっておりますことを
深くお詫びします…<(_ _)>。

見たことを、時系列順に、感じたままダラダラ書く
作業がこんなにめんどーだなんて思いませんでしたわ;

しかも書いている間に自分の感じ方
そのものが変わっていっちゃうしー(><) 

とりあえず、自分のための覚え書きです(笑)

つづきを表示
06/21
混線中 (いましばらくお待ち下さい)
すいませーん!
さきほどUPした7話のレビュー、めっちゃシーンを混同してしまって
おりましたぁ…(滝汗)うろおぼえのまま書いた下書をろくに推敲もせず公開してしまうところに今現在へろへろ~んな己が垣間見えて泣けます(><)(ゴメンナサイ) 

仮にもレビューなんだから確認しとけってもんですね(土下座)

最近ずーっとDVD見てない…。
7話って見所多いのに、なうり贔屓の立場だと
見るの辛すぎて無意識に避けちゃうのかしら(苦笑い)

なにがつらいって、いっしょうけんめい公正な警察官僚であろうと
している(近世封建時代なりにですけど)なうりが、結果として
ホンドゥ殿の冤罪を補強して確定しちゃった形になっちゃうとこ
です、ね…。

オガァが手紙持って帰ってきたのはしょうがないことですけど。

「そういえば……」

訓練大将から、機動隊を作ってくれと頼まれたって長官殿に”色つきの意見”をゆっちゃったのが、長官殿の心象として決定的だったみたいですしー。

つづきを表示
06/19
朝鮮時代の装飾品について
朝鮮王朝の衣装と装身具

有隣堂で立ち読みしてきましたー(笑)
茶母嬖人的な衣装の資料として見るには、衣装の種類がちょっと
少ない…かな~(TT)

つづきを表示
06/17
本日のなうり考(笑) 番外2
なんとなく手にしたシナリオブック。
見返しとしおりに人物紹介が書かれています。

一番上がオガァ、ついでなうり、ソンベクの順番。

どーしようもない嬖人はこういうときも迷わず
なうりの記事から読むわけですが(笑)

『名門家の庶子として生まれ……云々。
チェオクを愛している』


チェオクを愛している。


こんなにもありふれた一文と言葉なのに、
改めて胸を衝かれてしまいました……。

陳腐とさえ思っている表現なのに。
うるっ…と来てしまうなんてあり得ない。

凄いことだなぁと改めて思いました。
ひとっことも作中で語ってない言葉で
飽きるほど世に使い古された語句に
なうりは演技で命を吹き込んだんですから~。


――そうだねえ。
なうりは彼女を愛しているんだよねえ……(妙にしみじみ)



13話でオガァに決定的に振られた(少なくとも態度ではね~)ときと、最終話でソンベクがオガァの実兄だとわかったときと、
なうりはどちらが辛かったんだろう~~~~~。


06/15
とんぼ返り
週末から、お受験先の小学校で続々と学校説明会が。
近くもあれば遠くの学校もあるので、道順を
調べるだけでも一苦労。(行ったことない沿線多数<それどうなん;)

さらにいえば、いま怪獣のお教室がある日だと、
アサイチで教室に怪獣を叩き込んで、
あわててとって返し、学校に行って、また
昼頃教室に迎えに行く…という荒技を(TT)

誰かに送り迎え頼もうにも、家人は仕事だしねえ…。

慌ただしいのは苦手ですわ~~。
06/11
監督版DVD追加シーン解読 12話
ひさびさにまともな「茶母」考察(笑)

7話と12話、チョ・セウクとチョン・ホンドゥに
共通する「免罪符」について。
つづきを表示
06/08
本日のなうり考(笑) なうりの中の人
すいません、なうり嬖人のくせに、なうりを演じるイ・ソジン氏ご本人に対し奉り、さんざん失礼なことを書いてきた?点お詫びいたします…! 遅ればせながら、そじんさん個人のファンの入り口くらいに立ってしまった気がします; それでもこの方の「脱いでもスゴいんです♪」路線は遠慮したいところなんですが…(苦笑)
つづきを表示
06/06
茶母(チェオクの剣)6話見ました! (その2)
せっかくなので韓国本放送?版のヤフー動画で「茶母」を
見てみました。1話だけは、初見の頃に見たんですけどねー。
なうりの「照れ笑い」が見たくて~(えへへ)

あのシーンは何度見てもいいです。オガァとのやりとりが特に。
……だけどちょっと思うのですが。

オガァに「とりょんにむ」って呼ばれて、照れ笑いをかみ殺す
瞬間のなうりは、あれ、なうりじゃないよーな気がするんですが…(笑)

ファンボ・ユン従事官殿ではなく、い・そじん氏がそこに。
(さんかくさまのお言葉をお借りすると、『なうりが脱げてた』)

なうりの嬉しさの加減が、まだよくわかっておられなかった
1話らしい気がする(爆)


で、ゆーべから5~6話を動画で見ようとしたら紙芝居状態。
せっかくのなうりの美しい動きやなんかがとびとびで。
フラストレーションたまりまくりで、結局監督版DVD見ました(苦笑)
BGM違うところ確認したかったんですけどね~; 音声も
切れまくったし、なによりPCの音悪すぎて
よくわかりませんでしたぁ~(TT)



つづきを表示
06/04
本日のなうり考(笑) ひとりという暗闇で
こんにちはー! レビューが続くと、妙に疲れますね;
根っから妄想体質の春日には、好き放題に語る方が性に合っているのかもしれません。特に6~7話はおいしいところもあるんだけど、基本、山塞の話なのがテンション上がらない理由かも~~~(すいません、正直で;)

レビューが終わったら捏造二次創作の続き書くぞ~!と思っているんだから、なうり考もほどほどにしてそろそろ作業すればいいのにね☆
つづきを表示
06/03
茶母(チェオクの剣)6話見ました! (その1)
忙しすぎて泣きそうです…(TT)

茶母切れ、なうり不足、最近はあの音楽に中毒してるよーなキモチ(笑)韓国版のOSTが再販されないのは、音楽PDさんがあのスマトラ沖の津波地震で亡くなられているためだと風の噂に聞きましたが…;

うーん、今でなきゃ二度と機会ないと思うんだけどなあ。
寄付でもなんでもつけて再販してくれないかなぁ…。

日本版OSTは、申し訳ないけど聞いてられないんだもん(ばっさり)

んでは、6話レビューいってみまーす♪
つづきを表示
06/01
茶母(チェオクの剣)5話見ました! (その2)
それでは、6話…に、行く前に、途中になってた
5話の後半からレビューします(汗)

なうりのおいしいとこカットしちゃってたよぅ~~~~(><)!
つづきを表示
Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。