SAMURAI7&茶母&ジュリーファンブログ
12 * 2007/01 * 02
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/11
おっさまが好き(笑)
1/7シティ東京で、スペースまで遊びに来てくださったみなさま、
ありがとうございました~!!!

合同誌が落ちて、ぺらいコピ本でお茶を濁してしまって
ホントすみませんでしたー; つってもまさかアレまで
完売するとは思ってもみず、中途半端なシロモノで
ごめんなさいっっ(土下座)

あーも、ゲットしたステキお侍本で幸せですわ~♪

毎日DVDで「若おっさま@皇甫允従事官」を見て、
若おっさま妄想を繰り広げているせいか、
とにかく脳内がおっさま受モードでぐるぐる(笑)


春日は長編をねっとり書きたいというか、
その人の人生を捏造したい病がございまして…(汗)

おっさまに関しては自分の中で「これだ!」と思う
デフォルト設定がどーしても想像できず…。
なんというか、はがゆい限りだったんですが、
「茶母」のおかげでやっと開眼しました!!!!

同人的には禁じ手だけど(オリキャラ出演)
いーや、アタシが幸せだから(大爆笑)

あの複雑な人格とダダ漏れ色香の謎を解く鍵は、
虐げられ鬱屈した少年期と、幼馴染みとの壮絶な悲恋と、
抑圧されまくった軍営時代ではないかなと!!!(鼻息)

でもって苦悩する上官を黒シチがコマしてくれたら
言うことナシです(ぶは!)

愛と恋と情が入り交じって
どろどろな感じが大変好みなのですが~☆

フツーの人の何倍も濃密な人生を走って、
おっさまの傷も想いもなにもかも知り尽くした
古女房と、殺伐とした慰め合いをしててもらえたら
いいな~♪

エピソードがそのまんますぎますか?(笑)

「あの子のために、なにもしてあげられなかった…」
っておっさまに言わせたいっっ。十五年、一途に
思い続けて、叶わぬ恋に身を灼いていただきたいのっっ。

七つで出会ったあの子を思い出すから、
おっさまはコマチにやさしかったんだと確信した瞬間。(ナニソレ)
スポンサーサイト
01/06
茶母廃人
りっぱな廃人になれた模様です(笑)

基本的にお侍スキーさんとか、おっさまファンの方なら
めっちゃ楽しめるのではないかなと思います…。

というか、同志の方とツッコミ愛したい!!!(爆)

真面目な感想や時代背景の解説なんかも織り込んだ記事は
後でまとめることにして。


今日はユン閣下(ナウリ)こと、若かりし日のおっさまがいかに「お父さんは心配性」であったかを検証したいと思います。

ばりばり日本名の人が李朝の官吏ってどうなんというツッコミはスルーの方向で!


3話まで地上派が放送されたえねっちけー。
本日待望の4話!!!でございますねえ!

見ている方は思い出していただき、
見てない方は、今宵ご覧の上、前後のわけわかんなさに
身悶えしてください(笑)そしてレンタルへGO!
Copyright © 2005 Water Flower.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。